悠未ひろさんと考える、40歳からの食とライフスタイル|キーワードは"頑張らない"?管理栄養士対談

Takahito Ochiai(Gran)

悠未ひろさんと考える、40歳からの食とライフスタイル|キーワードは"頑張らない"?管理栄養士対談

宝塚歌劇団・宙組の男役スターとして活躍し、2013年に卒業して早8年。変わらぬ自然体の美しさで、ミュージカルやコンサートのステージなど、ますます活躍の場を広げている悠未ひろさん。心も体も目まぐるしく変化する40代を快適に過ごすためのヒントとは?「頑張らない」をモットーに笑顔と健康でいられる食を提案している管理栄養士の石松佑梨さんとお話ししました。

20代はどんなにハードでも「若さ」で乗り切ることができた

悠未さん(以下、敬称略):はじめまして。よろしくお願いします。

石松さん(以下、敬称略):こちらこそ、よろしくお願いします。お目にかかれることをとても楽しみにしていました。じつは私、宝塚時代の舞台を何度も拝見しておりまして……。はじめまして、という感じがしないんです。

悠未:そうなんですね。嬉しい! ありがとうございます。

石松:キラキラと輝いていて、本当に素敵でした。もう卒業されてから9年くらいでしょうか? あの頃と変わらないベストなプロポーションを維持されていて、今も素敵です。

悠未:いえいえ、体の変化はいろいろありまして…。今日はそのあたりのことを伺いたいと思っているんです。

石松:ぜひ! ところで、宝塚歌劇団って公演数がとても多いですよね。しかも、歌って踊ってもの凄くハード。けっこうしっかりと体調管理をされていたのですか? 

悠未:それが、あまり意識はしていなかったんです。おっしゃる通り、舞台はもちろんハードでしたし、そのためのお稽古や基礎レッスンもあったので、家に帰ると気絶するように寝てしまうほど、毎日クタクタでした。運動量はもしかしたらアスリート並みだったかもしれません。でも、自分は理論的に考えてトレーニングする、という感じではなかったんですよね。それに栄養のことにも無頓着でした。動いているのでお腹もすくし、昔から食べることが大好きなので、とにかく食べたいものを食べたいだけ食べている感じでしたね。運動量も多いので、体重を気にすることもありませんでしたし。でも今になって少し知識がついてくると、もっと気をつければよかったのかな、なんて思ったりします。

石松:人間の体って不思議で、必要なものが欲しくなるんですよね。だから、栄養を考えなくてもバランスがとれていたはずです。そうでなければ、あんなに素敵なパフォーマンスができる体にはならないし、そもそもそんなハードな生活をしていたら倒れてしまいますから。

悠未:確かに! ちょっと安心しました。

悠未ひろ

石松:ただ、若いうちはそれでも大丈夫なのですが、30歳手前、27、28歳くらいになると、やはり少しずつ変化してくるんですよね。具体的には自律神経が乱れてきます。その結果代謝が落ちたり、血流が悪くなってきたりして、さまざまな不具合が起こりやすくなるんです。何か感じられましたか?

悠未:その頃はまだ、あまり変化を感じることはなかったかもしれません。宝塚歌劇団では入団して7年目(今は6年目)に、正式にタレントとして歌劇団と契約を結ぶんですね。27、28歳というとちょうどその頃かな? 新人公演で初の主役をやらせていただいたりして、おおげさにいえば「何よりも好きなことだから、命をかけて成功させたい」と無我夢中だったので、感じる暇がなかったのかもしれません。

石松:ちょっと話がそれますが、主役ってすごく緊張しそうです。

悠未:それはもう! 主役に限らず舞台に上がるのはとても緊張しますし、それは経験を積んでも変わりません。ただ違うのは、コントロールできるようになるんです。興奮していて緊張している自分を冷静に見ている自分、なんていうか小さな自分をいつも肩にのせているイメージです。だから、想定外のこともたくさん起こるのですが、緊張していても、パフォーマンスは思ったようにできるようになってきます。

石松:もう1人の自分を持つ。それって、人生のいろいろな場面で役立ちそうですね。充実した日々と、そうやってコントロールされていた経験の中で、自然と自律神経のバランスが整えられていたのかもしれませんね。

石松佑梨さん

Text by Mami Moroi
Photos by Takahito Ochiai(Gran)
Hair&make-up by Yuri Ikeda(eclat)
Styling by Shingo Tsuno(impiger)
衣装協力/BRAND SELECT

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部

ヨガジャーナルオンライン編集部

ストレスフルな現代人に「ヨガ的な解決」を提案するライフスタイル&ニュースメディア。"心地よい"自己や他者、社会とつながることをヨガの本質と捉え、自分らしさを見つけるための心身メンテナンスなどウェルビーイングを実現するための情報を発信。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

悠未ひろ
石松佑梨さん
悠未ひろ
悠未ひろ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する