【股関節の可動域が変わる】福田萌子さんが体験!股関節に付着する筋肉「ハムストリングス」の伸ばし方

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

【股関節の可動域が変わる】福田萌子さんが体験!股関節に付着する筋肉「ハムストリングス」の伸ばし方

人生100年時代を元気に過ごすために、今からできることは何でしょう。ヨガを継続している私たちだからこそ気をつけたい体づくりのポイントを、自身もヨガをするアスリートトレーナーの山口元紀さんに教えていただきました。

股関節まわりの大きな筋肉を伸ばして可動域を広げる!

柔軟性UPストレッチ

股関節に付着する大きな筋肉を伸ばして柔らかくしていきます。柔軟性が高まることで関節の可動域が広がります。

ジャックナイフ

お尻を上げる前屈で無理なくストレッチ
膝を曲げたところから自分でコントロールしながら膝を伸ばしていくことで、ハムストリングスを安全かつ効果的に伸ばすことができます。最初から手が床についているので、心理的にも楽。

TARGET:ハムストリングス

機能性&筋力アップのための股関節トレーニング①
ハムストリングス

HOW TO
①お腹と太腿の前をできるだけぴったりつけるようにしてしゃがむ。両手で両足のつま先をつかむ。

機能性&筋力アップのための股関節トレーニング①
photo by  Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

②ゆっくりお尻を上げながらハムストリングスを伸ばす。腿裏が痛くなる前で止める。膝は曲がっていてOK。【10回×1~2セット】

POINT:あごを引いて、ゆっくり時間をかけてお尻を上げていきましょう。まずは今の柔軟性を知ることも大事。

機能性&筋力アップのための股関節トレーニング①
photo by  Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

NG:立位からの前屈は、手をつけようとして無理しがち。腿裏より腰を伸ばしすぎることも。

機能性&筋力アップのための股関節トレーニング①
photo by  Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

教えてくれたのは…山口元紀さん
(株)Dr.トレーニング代表取締役。(株)nobitel外部取締役。米国で準医療資格ATCを取得し、メジャーリーグでトレーナー経験を積む。帰国後は日本のプロアスリートのパーソナルトレーニングを担当。

モデル…福田萌子さん
沖縄県出身。アディダスグローバルアンバサダーを務める。バレトントレーナーであり、ロードバイクが趣味というアクティブ派。特技はヨガと華道。現在、TV、CM、雑誌などで幅広く活躍中。

photos by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)
hair&make-up by Yagi
text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.79掲載

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

機能性&筋力アップのための股関節トレーニング①
機能性&筋力アップのための股関節トレーニング①
機能性&筋力アップのための股関節トレーニング①
機能性&筋力アップのための股関節トレーニング①
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する