足が疲れやすいと感じたら…今からでも改善できる!ポイントを抑えた足腰の疲れ改善ストレッチ

Adobe Stock

足が疲れやすいと感じたら…今からでも改善できる!ポイントを抑えた足腰の疲れ改善ストレッチ

磯沙緒里
磯沙緒里
2022-01-27

何をしたわけでもないのにすぐに足が疲れてしまう、足だけではなく腰もだるくなる、なんて方は、今からでも改善できます。ポイントを理解して簡単なストレッチを行い、疲れにくい足へと改善しましょう!

足が疲れやすいと感じたらほぐすべき部位とは?

足が疲れやすく腰が重だるいなんて方は、足指に関わる筋肉が固まっている可能性があります。足裏のインナーマッスルが固まってしまうことにより、足全体が疲れやすくなってしまうのです。

短趾屈筋
虫様筋

これらの筋肉が固まってしまうことで足全体の疲れから腰のだるさまで繋がってきますので、快適に過ごしたいと考えたらほぐしていく必要があります。

ほぐし方

1. 左足指と右手指とで握手するように繋ぎます。足指の付け根までしっかり繋ぎましょう。

2. 手で足指をしっかり握りながら足の甲を伸ばしたり、足先で円を描く様にまわします。

3. 最後にぎゅっと強めに握ってから手を離します。反対側も同様に行いましょう。

足全体をインナーマッスルとの繋がりで使う

さらに、足全体をインナーマッスルの繋がりで見ていくと、より快適な使い方ができるようになります。どういうことかというと、先ほどお話しした足裏のインナーマッスルはふくらはぎのインナーマッスル、膝裏の膝窩筋、もも裏と内腿の筋肉、体幹の筋肉である大腰筋へと繋がっていきます。これらの繋がりを意識して使えるようになると、疲れにくくなってくるのです。

筋肉の繋がり

そのためにはふくらはぎ・膝裏・もも裏・内腿もほぐしてあげることが大切です。以下の動画を見ながらさっそくほぐしてみましょう。1日の終わりに疲れていてもできる簡単なストレッチですので、気軽にお試しください。

 

AUTHOR

磯沙緒里

磯沙緒里

ヨガインストラクター。幼少期よりバレエやマラソンに親しみ、体を使うことに関心を寄せる。学生時代にヨガに出合い、会社員生活のかたわら、国内外でさまざまなヨガを学び、本格的にその世界へと導かれてインストラクターに。現在は、スタイルに捉われずにヨガを楽しんでもらえるよう、様々なシチュエーチョンやオンラインでのレッスンも行う。雑誌やウェブなどのヨガコンテンツ監修のほか、大規模ヨガイベントプロデュースも手がける。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

短趾屈筋
虫様筋
筋肉の繋がり
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する