季節の変わり目に何となくスッキリしない心と体にスイッチオン|試してみたい3つのこと

Adobe Stock

季節の変わり目に何となくスッキリしない心と体にスイッチオン|試してみたい3つのこと

次第に寒さを感じる季節の変わり目には、何となく気分が重い、疲れやすいなど心身ともに不調を感じやすいものです。簡単な方法でそんな心身にスイッチを入れてみませんか?

日光を浴びよう

秋から冬にかけての時期に気分がスッキリしない、体がだるく重たいと感じることがあるかもしれませんが、その理由のひとつに日照時間の短さがあります。日光を浴びると脳内にセロトニンというホルモンが分泌されます。セロトニンは心をおだやかに安定させる働きをするホルモンですが、日照時間が減れば分泌量は減ってしまいます。窓を開けて日光を浴びたり、外を歩く時間を少し増やすなど、春や夏よりも意識的に日光を浴びることを心がけてみましょう。

日光
Photo by Greg Rosenke on Unsplash

呼吸にしっかりと意識を向けよう

気分がスッキリしない時にはゆっくりと呼吸をして今自分がどんな呼吸をしているのかを感じてみましょう。胸やお腹に手をあてるとより意識を向けやすくなり、手の温かさを感じて心がおだやかになることもあります。次第に呼吸のリズムがゆったりとして自律神経のバランスも整っていきます。

呼吸
Photo by Yoga Journal US

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

日光
呼吸
ゴムカアーサナ
戦士のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する