【睡眠不足は「ガチガチ背骨」が原因かも!?】深い眠りを誘う「頸椎をほぐす、ゆらし伸ばしワーク」

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

【睡眠不足は「ガチガチ背骨」が原因かも!?】深い眠りを誘う「頸椎をほぐす、ゆらし伸ばしワーク」

不眠の悩みを心地よく解決してくれる、峯岸道子先生考案の眠りのためのレッスン。ヨガの動きで深い眠りへと導くヒントを誌面でご紹介!就寝前に、ぜひ試してみて。

睡眠の鍵を握る副交感神経をヨガの動きで活発に

気持ちよく眠りにつくには、睡眠前に副交感神経を優位にすることが重要です。
「心身をリラックスさせる副交感神経は、延髄と仙髄の2カ所から出ています。これらの神経を覆っている頸椎と仙骨を、ヨガの動きを通し刺激することで副交感神経が優位になります」と峯岸先生。
首に位置する頸椎、骨盤の中央にある仙骨は、どちらも背骨の一部。そのため、まずは背骨をゆるめておくことが必要なのだとか。
「背骨をなめらかに動かせると、頸椎や仙骨の動きもスムーズになり、副交感神経の反応が高まり熟睡を得やすくなります。筋肉の余分な力を抜いて、骨を動かすことを意識しましょう」

頸椎をほぐすゆらし伸ばしワーク

スマホやパソコンの画面を見る時間が長いほど、頭の付け根が硬くなり、神経が圧迫された状態に。頸椎をゆらして伸ばし、硬くなりがちな首まわりをゆるめましょう。 

首まわりをゆるめて頸椎の動きを促す

熟睡できない人は、首の後ろの筋肉が硬く、頸椎が固まっている傾向にあります。そこで、まず始めに行いたいのが、ボールの上で首をゆらすワーク。やさしい動きで、頸椎まわりの筋肉の緊張をゆるめます。

HOW TO
①直径25㎝程度の柔らかいボールか丸めたタオルを用意。仰向けで膝を立て、首の下にボールを入れる。

眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

②体の力を抜いて、リラックス。首をゆっくり左右に傾け、ボールの上で頸椎をゆらす。左右10回

眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

③次に、首の下に入れたボールを後頭部でギュツとつぶすように、あごを上げて頸椎を圧迫。

眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
ギュツ!
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

④後頭部の力をポンッと抜いて頸椎を圧迫から解放。これを繰り返し行う。5回

眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
脱力~
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…峯岸道子先生
Body & Mind Yoga Studio主宰。フィットネス界の草分け的存在として活躍後、2000年に沖ヨガ指導者認定を受ける。運動生理学に基づく的確なアプローチで不眠などの不調を解決。幅広い世代から支持される。

モデル…石井エミリーさん
数多くのファッション誌をはじめ、広告やTVCMでも活躍中。現在は、TBS「ビジネスクリック」の木曜キャスターも務め、活躍の幅を広げている。週1でヨガに通い、ヘルシーにスタイルをキープしている。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Kyoko Suzuki
text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.77掲載

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
眠りを誘う背骨ゆるめヨガ②
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する