スフィンクスのポーズ
Sphinx Pose

スフィンクスのポーズ

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

うつぶせになり、両脚を並べる。尾骨を恥骨のほうへ引き入れて、かかとのほうへ伸ばす。太腿の外側を床の方向へ回転して、太腿を内側に回転する。これにより腰と仙骨(骨盤の後ろ側にある逆三角形の骨)が引き伸ばされて、後屈するときの保護の役目を果たす。

2

足指を積極的に後ろの壁に向けて伸ばす。ポーズに入るときは、引き続き尾骨をかかとのほうへ伸ばして腰を守る。お尻を引き締めつつも固くしないようにする。両脚はアクティブに、舌・目・脳は静かに。

3

肘を床の上に置き、肩と前腕の真下で互いに平行にする。息を吸いながら胴体上部を持ち上げて、頭を床から離して緩やかな後屈へ。

4

スフィンクスのポーズにおいて基盤をつくるための最後のステップでは、下腹部(恥骨の上からへその下までの領域)の意識を高める。下腹部を軽く床から引き離して腰のほうへ丸める。これは繊細な動きで、引っ込めるのでもなく、固くするのでもない。この腹の持ち上げが後屈で背骨をより均等に屈曲させてサポートし、腰を和らげて背中上部を目覚めさせる。

5

5〜10呼吸ステイする。息を吐きながら、ゆっくり腹と胴体下部を緩めて頭を下ろす。頭を片側に向けて、しばらく静かに横になる。息を吸うたびに背中を広げて、息を吐くたびに緊張を緩めていく。もう1〜2回繰り返してもよい。

その他の効果

背骨の強化・胸、肺、肩、腹部のストレッチ・臀部の引き締め・腹部組織の活性化・ストレスの緩和

禁忌および注意すべきこと

背中に故障がある場合・頭痛

ビギナーへのヒント

タオルを巻いてUの形にして床の上に置く。U字の下の部分に恥骨の上が、U字の両側に腹の両脇が乗るようにしてうつぶせになり、腹の持ち上げをサポートする。

関連記事