エーカパーダラージャカポターサナ
(片足の鳩の王のポーズ)
One-Legged King Pigeon Pose

エーカパーダラージャカポターサナ

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

四つんばいになり、両膝を腰の真下、両手を肩よりやや前に置く。右膝を右手首の後ろに、足を左膝の前に置いて、右のすねの外側が床の上についている状態にする。左脚をゆっくり後ろへ引いて膝を伸ばし、太腿の前側を床へ下ろす。臀部の右外側を床に下ろす。右かかとは左腰のすぐ前に置く。

2

右膝をやや右へ向けて腰の外側のラインにそろえる。振り返って見て、左脚が腰の外側からまっすぐ伸びて(左へ曲がっていない)少し内側に回転し、真ん中のラインが床についているようにする。息を吐きながら、胴体を右太腿の内側に倒して数呼吸する。両腕は前に伸ばす。

3

両手を前の脚のすねのあたりまで滑らせてきて、指先で強く床を押す。胴体を太腿から引き離すように持ち上げる。尾骨を下、そして前に押して腰を長く伸ばし、同時に恥骨をへその方へ持ち上げる。左腰を回して右かかとのほうへ向け、左脚付け根の前側を伸ばす。

4

両手を床から離して骨盤を垂直に保てるようなら、両手を骨盤の上部に置いて強く下へ押す。この圧力に反して、胸郭の下側を持ち上げる。肋骨後ろ側が前側よりも若干速く上がるように。首の後ろ側を長くして、頭を後ろに倒す。胸を持ち上げるために、胸骨上部(胸骨柄)をまっすぐ天井のほうへ上げる。

5

このポジションで1分ホールドする。両手を床の上に戻し、注意深く左膝を前にスライドさせていき、息を吐きながらアド・ムカ・シュヴァナーサナ(ダウンドッグ)になる。数呼吸してから、吐く息で両膝を下ろして四つんばいに戻り、脚を変えて同じ長さで繰り返す。

6

フルポーズを行うには、まず上記のとおりに脚の形を作る。両手を床に置いて支え、足をできるだけ頭頂部に近づける。吸う息で右腕を上に伸ばし、吐く息で肘を曲げて体を反らして左足の内側をつかむ。数呼吸してから、左手で足の外側をつかむ。足裏をできるだけ頭頂部に近づける。このポジションで30秒ホールドする。足をリリースし、ステップ5のとおり脚を入れ替えて同じ長さで繰り返す。

その他の効果

太腿、鼠蹊部、腰筋、腹部、胸、肩、首のストレッチ・腹部組織の活性化・肩と胸を開く

禁忌および注意すべきこと

仙腸関節に故障がある場合・足首に故障がある場合・膝に故障がある場合・股関節または大腿が硬い場合

ビギナーへのヒント

ほとんどの人が最初は後ろの足を手で直接つかむことができない。ストラップを使ってみよう。小さな輪をつくって足(伸ばした左足とする)に入れ、拇指球の回りでストラップを締める。留め具が足裏側になるようにする。まず脚の形をつくり、ストラップを左脚に沿って床の上に置く。左膝を曲げて左手でストラップをつかむ。腕を上げて頭の後ろへ回し、体を反らせて右手を近づける。ストラップを両手でつかんで、両手を足に向かってストラップづたいに歩かせていく。

関連記事