実は奥が深い!「椅子のポーズ」効果を得るためのチェックポイント

Adobe Stock

実は奥が深い!「椅子のポーズ」効果を得るためのチェックポイント

お尻や太ももの筋肉のストレッチや引き締め効果が期待できる椅子のポーズ。膝を深く曲げれば下半身に効きそう!と思われがちですが、それだけではない効果を得るための基本ポイントをおさらいしてみましょう。

椅子のポーズの効果

椅子のポーズ
Photo by Yoga Journal US

膝を曲げて重心を低くする椅子のポーズでは、大臀筋(お尻の筋肉)のストレッチと引き締め、ふくらはぎと足首の強化が期待されます。下半身への効果ばかりの印象がありますが、両腕を伸ばすことで体幹も働き、肩と胸へのストレッチ効果もあります。

やり方

1. 山のポーズ(基本の立ち姿勢)で立ち、息を吐いてお尻を斜め後ろに下げて膝を曲げる。膝がつま先よりも前に出ないように気をつける。
2. 息を吸って両腕を上げて目線を正面、または斜め上に向けて、呼吸を続けてポーズをホールドする。
3. 吸いながら両脚をまっすぐに伸ばし、吐いて腕を体の横におろして山のポーズに戻る。

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

椅子のポーズ
椅子のポーズ(ブロック)
反り腰
椅子のポーズアレンジ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する