ターダーサナ
(山のポーズ)
Mountain Pose

ターダーサナ

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

足の親指の付け根を合わせて両かかとを少し開き(足の第2指が平行になるように)立つ。足指と拇指球を持ち上げて広げてから、柔らかく床の上に置く。前後左右に体を揺らす。徐々に揺れを少なくしていって止まり、バランスよく両足に均等に荷重する。

2

太腿の筋肉を引き締めて、膝頭を引き上げる。お腹を固くしないように。足首の内側を引き上げて、土踏まずの内側を強く、エネルギーのラインが太腿の内側に沿って鼠蹊部(脚の付け根)へ、さらに胴体の中心部、首、頭、そして頭頂部まで上ってくるイメージで。太腿の上部をやや内側へ向ける。尾骨を床の方向へ長く伸ばし、恥骨をへその方へ引き上げる。

3

肩甲骨で背中を押してから、背中に広げてゆるめる。肋骨の前側下を前に押し出さないように、胸骨最上部をまっすぐ天井のほうへ引き上げる。鎖骨を広く。両腕は胴体の脇に。

4

頭頂部の真下に骨盤の中心があるようにして、あごの下を床と平行に、のどは柔らかく、舌は口の中で広く平らに。目を柔らかく。

5

通常、タダーサナは立位のポーズの開始位置だが、タダーサナを1つのポーズとして練習することは有益である。呼吸を楽に行いながら、このポーズで30秒〜1分ステイする。

その他の効果

姿勢の改善・太腿、膝、足首の強化・腹部と臀部の引き締め・坐骨神経痛の緩和・扁平足の解消

禁忌および注意すべきこと

頭痛・不眠症・低血圧

ビギナーへのヒント

両足内側をやや離して(7〜12センチほど)練習すると、バランスがとりやすい。

関連記事