「腰を痛めそうで怖い」ヨガに慣れていない人も安心!腰を痛めずに効果を得る【やさしい後屈のポーズ】

Adobe Stock

「腰を痛めそうで怖い」ヨガに慣れていない人も安心!腰を痛めずに効果を得る【やさしい後屈のポーズ】

ヨガの後屈のポーズ。腰に負担をかけそうで怖い、することでどんなメリットがあるの?ヨガをあまりしたことがないけれどできる?こんな心配や疑問を解消しましょう!

後屈のポーズの効果

気持ちが前向きに

後屈のポーズは心身を活動モードにする交感神経を優位にさせます。気分がスッキリしない時や、1日のスタートとなる朝のヨガで取り入れるのもおすすめです。

呼吸が深まる

胸がストレッチされるため呼吸がしやすくなり、マスク生活で浅くなりがちな呼吸の状態も少しずつ改善できるでしょう。

姿勢の改善

スマホやパソコンの長時間使用でなりがちな前かがみや猫背といった姿勢の改善にも。

腰を痛めないためには

後屈は腰を反らせる動きのように見えますが、腰の一点に集中すると腰椎に負担がかかり腰痛の原因になってしまいます。ポーズを行う時には腰を反らせるというよりも、胸を開く、体の前面を伸ばすことを意識しましょう。「腰が痛いな」と感じた時に手をあてる部分から反らせようとしないことが大切です。

腰痛
Photo by photo-ac

AUTHOR

吉田加代子さん

吉田加代子

オーストラリア・ブリスベン在住、東京都出身。日本とオーストラリアでの会社員生活を経て2012年よりオーストラリアでヨガ講師としての活動を開始。通常のヨガクラスの他、音響楽器シンギング・リン®を使った音浴瞑想会やリストラティブヨガなど音の効果を活かしたクラスも開催。心身のバランスが整ったヨガのためにヨガ哲学の勉強も継続中。RYT-500取得、Lizzie LasaterリストラティブヨガTT修了、ヨガアプリ “Down Dog” 日本語翻訳&ナレーション担当、一般社団法人シンギング・リン協会公認パフォーマー。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腰痛
背骨のストレッチ
バッタのポーズ
魚のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する