【必要?プロテインパウダー】メリット・デメリットや選び方をご紹介

Photo by LYFE Fuel on Unsplash

【必要?プロテインパウダー】メリット・デメリットや選び方をご紹介

プロテインパウダーの種類と選び方

Sara Dubler
Photo by Sara Dubler on Unsplash

いざプロテインパウダーを選ぼうとした時に最初に迷うのが「どれを選べばいいのか」ということ。プロテインパウダーにはたくさんの種類があるため迷ってしまいます。最初にプロテインを選ぶ時に知っておきたいのが、その種類と特徴です。プロテインパウダーには、動物性タンパク質を原材料としたものと植物性タンパク質を原材料としたものの2つに分かれ、またその2つでも種類が分かれ特徴が異なります。

ホエイプロテイン(動物性タンパク質)

【原料】

ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種。
ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)と呼びますが、このホエイに含まれるタンパク質が原料となっています。

【特徴】

ホエイプロテインには筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれ筋肉修復効果も期待されています。味が淡白で飲みやすく、体内への吸収速度はスムーズで胃腸にもたれにくいのが特徴。

【おすすめの人】

トレーニングで強い肉体を手に入れたい方におすすめ。トレーニング後、効率的に筋肉の回復を促すためにはできるだけ素早くタンパク質を補給することが必要といわれています。

カゼインプロテイン(動物性タンパク質)

【原料】

ホエイプロテインと同じく、牛乳を主成分とします。この主成分であるカゼインは生乳を構成するタンパク質の約80%を占めています。

【特徴】

カゼインプロテインは不溶性で固まりやすい体への吸収速度が比較的ゆっくりであることが特徴です。

【おすすめの人】

吸収速度がゆっくりなぶん満足感が続くため、ダイエット中の方におすすめ。間食にしたり、また運動をしない日のタンパク質補給としても◎。

ソイプロテイン(植物性タンパク質)

【原料】

大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものがソイプロテイン。

【特徴】

タンパク質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できるようになっています。消化吸収速度が遅いため、満腹感が持続しやすいのも特徴。また、大豆に含まれるイソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できます。

【おすすめの人】

植物性タンパク質のため、ベジタリアンやビーガンの人に人気のプロテイン。

満腹感が持続しやすいため、ホエイプロテイン同様に、ダイエットをしている方におすすめ。また、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、肌の張りを保つ効果や、女性らしい体のラインをキープしたい方にも◎。

AUTHOR

桑子麻衣子

桑子麻衣子

シンガポール在住8年のライター/Webクリエイター/ヨガインストラクター(全米ヨガアライアンスRYT200保持)。3歳の娘Emmaと夫と3人暮らし。妊娠、出産、育児を経験しヨガを深めたいとインスタクターの資格を取得。Webメディアを中心に記事を執筆しながら、人にも地球にも優しいサステイナブル(持続可能)な暮らしの実践を目指すウェブメディア「House of Emma」を運営。ヨガの教えに基づいた「誰でもどこでもできる」をキーワードに、それぞれの暮らしに寄り添ったエコフレンドリーなファッション、ビューティー、ライフスタイル、ヘルスケア、旅行の提案をしている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Derick McKinney
Shayda Torabi
Sara Dubler
Oksana Taran
Benjamin Child
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する