仕事や人間関係で感じる気疲れ、生きづらさの正体|「繊細さ」をかくして生きる「かくれ繊細さん」とは

Getty Images

仕事や人間関係で感じる気疲れ、生きづらさの正体|「繊細さ」をかくして生きる「かくれ繊細さん」とは

仕事をする中で、友人との会話の中で、何気ない日常の中で違和感や生きづらさを感じることはありませんか?もしかしたらそれは、あなたの特性によるものかもしれません。人口の約6%と言われるHSS型HSPについて、専門カウンセラーの時田ひさ子さんに教えていただく連載がスタートします!

こんにちは。時田ひさ子(ときた・ひさこ)と申します。HSP/HSS LABO代表カウンセラーです。

私は、人口の6%いると言われている「ある分野」の方たちのためのカウンセリングを専門にしています。「ある分野」とは、どんな方たちかというと、

□人に会って1時間くらいはテンションが高い

□テンションが落ちたときは別人のようになる

□場が和気あいあいとしていることが大事なので、時折笑いをとりにいく

□やる事が次から次に思い浮かぶ

□何気ない言葉に傷つき、人知れず落ち込むが、落ち込んだ姿は見せない

□人が多い場所にいると、早く帰って、ひとりになりたくなる

□今やっていることを切り上げるのが苦手なので、自然と時間は押せ押せになる

□動画はゆっくり座って集中して見られない。ほかのことを同時進行でやり始める。

もっと具体的な場面で見てみますと、こんなことです。

・親睦会、女子会、BBQなど会の主催や幹事を、その場のノリで引き受けて企画することがある。でも、現実にその日が近づいてくると様々な不安が頭をよぎる。「自分の働きに満足していない人がいるのではないか」「やるべきことが足りていないのではないか」「自分以外にもっとやれる人がいたのに、自分がでしゃばったばかりに会が尻すぼみになってしまう」と自信がどんどんなくなっていき、「あああ、引き受けなければ良かった」「天気が悪くなって、なくなってしまえいばいいのに!」と当日までクヨクヨうじうじしている。当日、みんなが満足してくれていても、あなただけは「会費を集めるときにもたついてしまった」とか「取り皿が足りなくて、待たせてしまったときにムッとしている人がいた」など、人の表情に振り回されて、楽しむどころか責任感でへとへと。

・アイディアマンで、仕事好き。のめり込んだらやめられない。なのに、ゴールが見えると途端に興味を失ってしまう。完璧主義なはずなのに、極められない。

・年に何回か、寝込む。倒れる。一切の意欲を失う。「ひとりにして!」とふて寝。そんな姿は誰にも見せられない。寝ている間に何が起こってももう知らない。きっと誰も、あなたがそんなふうに、一切から手を引いて「ドカンと落ち込んで寝ている」なんてことを、想像することさえできないことでしょう。いつも人前では元気で明るくて、大らかで、なにも気にしないような姿しか見せていないから。

・人づきあいの面で言えば、結論のない話につきあうのが苦手で、早く帰りたいと思っている。でもその場を楽しんでいないと見破られるのは悪いので、頑張って合わせたフリをする。ひとりになると「はぁぁ」と大きなため息をつきたくなる。

このような特性が思い当たるとしたら、あなたは「かくれ繊細さん」かもしれません。

まず、初回の今日は、「かくれ繊細さん」とはどういう人たちなのかということと、どのような悩みを持ちやすいのか?について少しお話させていただきたいと思います。

AUTHOR

時田ひさ子

時田ひさ子

HSS/HSP専門カウンセラー。繊細で凹みやすいが同時に好奇心旺盛で新しいものへの探求欲が旺盛なHSS型HSPへのカウンセリングをのべ5000時間実施。講座受講生からのメール、LINEのやりとりは月100時間以上。著書に『その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません』(フォレスト出版、2020年)がある。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する