【寝転がったまま3分!股関節ストレッチ】むくみの原因を流す&ぐっすり眠れるようになる

Kana Ito

【寝転がったまま3分!股関節ストレッチ】むくみの原因を流す&ぐっすり眠れるようになる

伊藤香奈
伊藤香奈
2021-04-04

お風呂に入っても脚のむくみがスッキリしない、だるさが残っている、疲れているのに寝られないということはありませんか?そんな時は寝たまま3分のストレッチで下半身全体をスッキリとさせていきましょう。下半身とマインドを緩ませるストレッチをご紹介します。

快眠には下半身のほぐしが大切?

一般的には、布団に入ってから15分~30分以内に寝に入れることが理想と言われています。しかし、疲れている時ほど寝たいのに眠れないというという状態に陥ってしまうことはありませんか?特に強い運動を行ってよく動いた日や、日中下半身のむくみを感じていた日は、筋肉のこわばりが残っている、交感神経が優位のまま、めぐりが悪くなっている等の原因によりなかなか眠れないことも。

寝る前の「まどろみ」時間をつくろう

心地よく寝にはいるためには、寝る前の「まどろみ」時間に軽いストレッチを行うことがオススメです。ゆったりとした呼吸とともに心地よく体を動かすことで、筋肉の緊張がほぐれる、自律神経が整う、マインドが落ち着いてくるなどの効果が期待できます。寝る前に携帯電話でネットニュース等をザッピングするのはちょっと止めて、寝ながら体をほぐす時間を持ってみましょう。

股関節から下半身全体をほぐすヨガストレッチ

寝る前の3分が快眠を作る!寝る前の少しの間、自分の体をいたわる時間を持ってみましょう。左右に体を揺らす動作が多いですが、頑張ってひねろう・伸ばそうとせずに、だらーんと力を抜いて重力に任せて揺れるイメージで行ってみましょう。

やり方

1.足の裏を合わせて膝を外に開き、左右にゆらゆら~っと揺れます【足の付け根、内もものストレッチ】

2.膝をそろえて左右に倒します【腰回りのストレッチ】

3.片足をもう片方の膝の上に乗せて脚を組むような形に。そのまま左右に揺れます【お尻、お尻の横のストレッチ】

4.足先を体に近いところに置いて数呼吸【太ももの前側ストレッチ】

5.足を持ち上げて太ももの裏側で手を組み数呼吸。左右に少し揺れてもOK【お尻の深部のストレッチ】

YouTubeでもチェック!

動画の動きは少し早め&短めです。ご自身の好きな長さでゆったりと動いていきましょう。目を閉じて行うのもオススメです。

Instagram:@itokanayoga45

YouTube:股関節ヨガチャンネル

AUTHOR

伊藤香奈

伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学とヨガ・ストレッチ・筋膜リリース・骨格調整などを学び自らの痛みを克服した経験をもとに、オリジナルメソッド「股関節ヨガ」を考案。「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるほか、股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する