目覚めが悪い、朝辛い、寝起きだるい…を解消!たった5分で目覚めスッキリ【寝たまま朝ヨガ】動画

目覚めが悪い、朝辛い、寝起きだるい…を解消!たった5分で目覚めスッキリ【寝たまま朝ヨガ】動画

朝、目覚ましが何度鳴っても起きられない、体が重くスイッチが入らない日に。ベッドの上で寝たままできる5分間の朝ヨガですっきりとした朝を迎えませんか?朝ヨガのポイントと共にヨガポーズをご紹介します!

朝ヨガがおすすめの理由

頭がぼーっとして、起きようと思っても起きられない…誰もが一度は経験しているのではないでしょうか。わかっていても心身が追いつかない日は、寝起きにベッドの上でヨガストレッチを試してみてください。朝は休息から活動へとスイッチを切り替える時間。朝ヨガは目覚めのサポートとして、様々な効果が期待できます。

・筋肉をほぐす

・血流改善

・むくみ、冷えの解消

・頭をスッキリさせる

・気持ちのリセット

朝ヨガの注意点

寝起きに体を動かす時には、気をつけたい点もいくつかあります。まず、筋肉を痛めないよう、頑張りすぎない範囲で動きます。”ながら”でストレッチをせず、体の状態を確認して日によっては中断も選択しましょう。また、呼吸を丁寧にしながらリラックスして行ってください。

やり方とポイント

一日を気持ち良くスタートさせるために、早速始めましょう!

①寝たまま膝を立て、足を肩幅以上に広げます。足を左右にパタパタと5回動かします。

②両膝を立てたまま揃え、足の上に左足をかけて足を組みます。左膝に右手を添え、左手は肩の高さに伸ばします。息を吐きながら体を右側に倒し顔は正面か左側に向けます。5呼吸したら正面に戻し、反対足も同様に行います。

③両膝を両手で抱えます。無理がなければ、吐く息で頭を持ち上げて膝と頭を近づけます。息を吸いながら頭を降ろします。5呼吸行います。

④寝たまま合せきをし、手は頭の後ろで組みます。上半身を右側に移動し、左の体側を伸ばして呼吸します。反対側も同様に行います。

⑤足を伸ばして軽く閉じ、手は頭の上に伸ばします。伸びをしっかり2回して、落ち着いたら横向きになってから起き上がります。

1ポーズ5呼吸、30秒を目安に無理ない範囲で行ってください。毎日の習慣にしてもらい、生活リズムも整えましょう。

ライター/小野田貴代
ヨガインストラクター・ベビーマッサージセラピスト。学生時代にヨガに出会い、ヨガインストラクター養成講師を経て現在はオンラインを中心に活動。誰もが取り組みやすい、日常に活かすヨガを幅広く伝えている。CM等のメディア監修や健康コラム執筆、 FMラジオパーソナリティとしても活動。初心者から自分のペースで楽しめる「たかヨガ」もYouTubeで配信中。Instagram:@takayo_onoda

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する