今いる場所に違和感や苦痛を感じているなら…自分らしく快適に生きるヒント【疲労回復とヨガ#19】

Adobe Stock

今いる場所に違和感や苦痛を感じているなら…自分らしく快適に生きるヒント【疲労回復とヨガ#19】

井上敦子
井上敦子
2020-12-19

『自分らしく生きる』という言葉をよく耳にします。ヨガをしていると自分らしく生きられるようになる、とも聞きます。それは一体なぜなのでしょうか?また、自分らしく生きるとは具体的にどんな生き方なのでしょう?今回の【疲労回復とヨガ】では、生きづらさや疲労感を感じずに自分らしくいきることについて考えていきましょう。

自分らしくないってどんな状態?

『自分らしく生きる』という言葉は、生きづらさを感じている人にとっては魅力的に聞こえる言葉ではないでしょうか。今いる環境に違和感を感じていたり、無理をして周りに合わせている感覚があったり・・・そんな状態は知らず知らずに疲れを溜めてしまうもの。今の自分ではない『本当の自分探し』をすることも、今の自分を否定していることになってしまうので、同じく辛く疲れてしまうものです。

では、自分らしく生きるとは具体的にどういうことなのでしょうか?それを知るために、その逆の『自分らしく生きられていない』ということについて考えてみましょう。自分らしく生きられていない状態とは、自分ではない誰か=他人の真似をしたり自分を偽って生きてしまう、もしくは、誰か求められた姿を自分として生きるてしまっている、ということ。もし思い当たることがあったり生きづらさを感じているようであれば、ぜひ下記を参考にしてみて下さい。

誰かと比較をしていませんか?

例えば、憧れの存在がいたとします。職場の先輩やヨガクラスで出会うスタイルの良い人、芸能人・・・自分より素敵だな、と思う人はどこにも存在するものです。憧れること自体は悪いことではないのですが、その存在と自分を比較してしまうと『自分が劣っている』と感じてしまうことが多いですよね。この他人と比較することは、自分らしさを見失うことに繋がりやすく、またそれぞれが持っている個性の輝きを隠してしまいます。他人と比較することは、自分の人生を豊かにしたり個性を輝かせることには残念ながら繋がりません。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する