パスタは実はダイエット食?太りにくい「おうちパスタ」を作る6つのコツ

Getty Images

パスタは実はダイエット食?太りにくい「おうちパスタ」を作る6つのコツ

松田 真紀
松田 真紀
2020-11-09

リモートで増えているのが「おうちパスタ」。手軽で、おいしくて、オシャレ感もあり!子供からお年寄りまで、男女問わず人気のメニューですよね。でも「パスタは太りそう」と敬遠していた方も多いのでは?実はパスタは炭水化物の中では血糖値の上がりにくい食品。上手に使えばダイエット中だってオッケーなメニューなんです。そのコツをご紹介。我慢しないストレスフリーな方法で、健康的でスリムにキレイになりましょう。

「パスタダイエット」の始まりは?

もともと、パスタは世界的な健康食「地中海食」の主食。その調理法の中にも健康的で優れた料理である理由がたくさんあります。

ただ、糖質の多い炭水化物であることは事実。そんな中、2018年4月、カナダ・トロントのセント・マイケルズ病院の研究チームよりが「パスタは他の炭水化物に比べて、血糖値の上昇・下降がゆるやかで(GI値が低い)、その結果脂肪が蓄えられにくい」という発表があり、「パスタダイエット」がブームに!

もともとパスタは子供から大人までに愛される人気メニュー。みんな大好きなパスタを我慢しなくていい!そんなストレスフリーなところがウケています。

日本でも、リモートワークの増加、おうち時間が増えたこともあり、パスタやパスタソースは一時売り切れになる程。現在も継続して売れています。「おうちパスタ」が増えた方も多いのではないでしょうか。

今は、パスタソースもいろいろ。麺さえ茹でれば、市販のソースを使ってOK!手軽に、おいしく、楽しく。ストレスフリーが健康の秘訣。今回は、ワンプレートで栄養バランスもバッチリ。さらに効果アップする食べ方のコツをご紹介します。

パスタは太りにくい低GI食品!その理由は

パスタは、白米やパン、うどんなどに比べて血糖値の急上昇がされにくい、太りにくい麺類「低GI食」です。

その理由は、「デュラム小麦」という、「硬い品種」の小麦を砕いた粗い粉「セモリナ粉」を使っていることにあります。

白パンを作る小麦より豊富な食物繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルの働きで、粒が荒く、消化もゆっくり。これらの働きで血糖値が上がりにくいと推察されています 。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

カゴメ トマトソース
パスタは実はダイエット食?太りにくい「おうちパスタ」を作る6つのコツ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する