血糖値の上昇を抑えられる?医師が勧める「食前レモン果汁」習慣とは

Adobe Stock

血糖値の上昇を抑えられる?医師が勧める「食前レモン果汁」習慣とは

食欲が増す季節。コロナ太りを引きずって、思うように食を楽しめないという人に朗報です!最新の研究で「Withレモン」がダイエットに効くということがわかりました。

「コロナ太り」は痩せにくい!?

自粛中に太ってしまって、なかなか体重が戻らないという人も多いと思います。実は、それには理由があるそう。

ダイエット外来の医師で肥満治療評論家の工藤孝文先生によると、コロナ太りの原因は、「自粛生活による運動不足」「食生活の変化や脳内ホルモンの減少による食事の偏り」「コロナ禍のストレス」の3つ。特に、ストレスで太ってしまったという人が多いようです。

人は不安な気持ちになると、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンが不足して、糖質が食べたくなるとのこと。さらに、飲み会やイベントなどの楽しみが少なくなることで、喜びを感じたときに分泌されるドーパミンが減ると、油っこいものが食べたくなります。そして、ストレスを感じると分泌されるコルチゾールは、筋肉を脂肪に変えてしまう働きを持っているそう。

そのため、「コロナ太りのようにホルモンの変化やストレスが絡んでいると、なかなか解消するのが難しくなります」と工藤先生。

食前のレモン果汁が食後の血糖値の上昇を抑える!

そんな、困ったコロナ&ストレス太りにもおすすめなのが、「Withレモン」の習慣です。

レモン
photo by Adobe Stock

「レモン果汁を米飯より前にとると食後の血糖値の上昇を抑えることができる」ということが、ポッカサッポロフード&ビバレッジの支援により、同志社大学生命医科学部 糖化ストレス研究センターの八木雅之教授らの研究で明らかになったのです。

20~30歳男女を対象にした研究で、食前に30g(約大さじ2杯)のレモン果汁を摂取することで、食後の血糖値の上昇が有意に抑えられたという結果に。

レモン果汁だけを摂る方法でなくても、例えば炭酸水などの飲み物やドレッシングに加えて、米飯を食べる前に摂取すればいいとのこと。これなら手軽に習慣にできそうですね!

Text by Rie Nakajima

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

レモン
血糖値の上昇を抑えられる?医師が勧める「食前レモン果汁」習慣とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する