筋肉を鍛えるだけじゃダメ?トレーニング成果が増す「ボディメイク成功の法則」とは

Adobe Stock

筋肉を鍛えるだけじゃダメ?トレーニング成果が増す「ボディメイク成功の法則」とは

須藤玲子
須藤玲子
2020-10-06

年齢に限らず、スタイルキープやダイエット、サイズダウンなど、目的意識を持ってトレーニングに励む女性が増えてきているようです。体を動かし、筋肉を鍛えることはアンチエイジングの観点からも良いことですが、ボディメイク=筋肉を鍛えなきゃ!と、夢中になりすぎていませんか?実は鍛えるだけでは十分な成果が出ないことも…。今回のテーマは「ボディメイク成功の法則」です。気になるポイントを一緒にチェックしましょう!

筋肉の状態を知ろう!

なりたいボディになるために頑張ろう!そう決めたら、まずは自分の筋肉の状態を知ることが大切です。また、トレーニングを始めたけど、思うようにいかないと感じた時も同様。一旦立ち止まって自分の体と向き合いましょう。

筋肉はすぐには動かない

デスクワークで座りっぱなしが続くと、首や肩、背中、腰などの強張りを感じるように、筋肉は、使わない状態が長く続くと、どんどん硬く動きにくくなってしまうもの。ガチガチになってから必死にほぐそうとしても、すぐには解消されません。例えば、久しぶりにヨガをしたら、以前できたことができなくなっていたり思うように体が動かなかったりして、「こんなはずじゃなかった…」とショックを受けたことはありませんか?いつも同じ動きの運動しかしない人も同様で、ずっと使われなかった筋肉は、いきなり指令を出されても、すぐに反応することができません。私たちが朝起きた瞬間からシャキシャキ動けないのと一緒なのです。

筋肉は歳と共に硬くなる

適度な運動をしている人でも、加齢による肌の衰えと同様、筋肉は段々硬くなり、柔軟性を維持することが難しくなるものです。一般的に筋肉は30代をピークに、少しずつ下り坂に…。運動習慣のない大人世代の女性がいきなりトレーニングを始めても、筋肉は固まっていて思うように動いてくれません。なかなか結果に繋がらないため、心が折れ、続かないことも多いのです。程度の差はありますが、歳を重ねれば重ねるほど、丁寧に自分の体と向き合う必要がありそうですね。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

筋肉を鍛えるだけじゃダメ?トレーニング成果が増す「ボディメイク成功の法則」とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する