コロナ禍で「朝バナナ」が注目を集める理由|白い筋にも嬉しい効果が!

コロナ禍で「朝バナナ」が注目を集める理由|白い筋にも嬉しい効果が!

松田 真紀
松田 真紀
2020-10-30

コロナ禍で再注目な食材「バナナ」。その理由は「朝」食べることでメンタルケアに効果的なセロトニン分泌に働くから。リラックス効果から安眠、便秘解消、冷えなど更年期症状の緩和、ダイエットにも嬉しい効果が期待できます。最近では、プロテインドリンクの専門店が続々登場、スーパーやコンビニでも有機栽培や産地にこだわったブランドバナナが登場。ぐっと美味しくなったワンランク上のバナナも手に入るようになりました。 バナナは、もともとアスリート食。美しい筋力づくりにはかかせません。 なんとなくゆらぎやすいこの時期、バナナのハッピーパワーをチャージしてみませんか。

バナナは「アスリート食」。免疫力を高め、体の健康を維持する優秀な食材

アスリートの定番食、バナナに含まれる果糖は、吸収がはやく、即効性のあるエネルギー源。ただ、アスリートが好むのはそれだけはありません。糖質以外にも、βーカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、食物繊維のペクチン、オリゴ糖を含み、免疫力を高めてメンタルや体の健康を維持するには最適な食材のひとつだからです。これらは、特別な運動をしない人にでも有効な食材と言えます。

「バナナモーニング」で、ハッピーホルモン「セロトニン」をつくろう!

必須アミノ酸の一つであるトリプトファンからセロトニンという神経伝達物質が作られ、夜になるとセロトニンを材料としてメラトニンが生成されます。メラトニンは「ハッピーホルモン」とよばれ、メンタルの維持や入眠作用があることで知られています。この「セロトニン」の原料である「トリプトファン」とその合成に必要な「ビタミンB6」を両方含むのがバナナ。ペクチンなど食物繊維は副交感神経を優位にしてストレス緩和する栄養素、これも安眠に働きます。

「朝」バナナが、良い理由

セロトニンの分泌までには時間がかかります。そのため、朝食べておくことが大切になります。バナナは朝食の定番であるヨーグルトやシリアル、パンとも相性が良く無理なく取り入れることができます。最近は朝はスムージーやジュースにするスタイルも増えています。

美容とダイエットにも「朝のフルーツは金」といわれます。なぜなら食物繊維が豊富なバナナは、内臓のデトックスタイム10時前後に食べることで効果がアップするから。バナナはエネルギー代謝の早い糖質、果糖を含みます。朝食べることで、糖質を日中に消費してしまえば体内への蓄積を防ぐことができるので、ダイエット中も安心というわけです。この果糖のスピーディーなエネルギー変換は、枯渇した朝の脳のパフォーマンスアップに有効活用できます。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

バナナ
コロナ禍で「朝バナナ」が注目を集める理由|白い筋にも嬉しい効果が!
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する