免疫力には「運動+キウイ」?発酵性食物繊維と抗酸化パワーを手軽に摂り入れる方法

Adobe Stock

免疫力には「運動+キウイ」?発酵性食物繊維と抗酸化パワーを手軽に摂り入れる方法

寒くなる季節、免疫力をつけて元気に過ごしたいものですよね。そんなとき、ぜひ日常に取り入れたいのがキウイ。キウイを食べるメリットや、おすすめの摂り方を最新情報を元にまとめました。

キウイは栄養価抜群で低カロリーの低GI食品

「キウイが体にいい」というのはよく聞きますが、何が、どういいのでしょうか?ゼスプリのプレスセミナー「アフターコロナ、ウィズコロナ時代を生きる食生活とキウイフルーツ」で発表された最新情報を抜粋してご紹介しましょう。

駒沢女子大学人間健康学部の西山一朗教授によると、サンゴールドキウイやグリーンキウイは、りんごやバナナなどの果物と比較して、栄養素充足率(果物100g当たりに含まれる主要17栄養素が基準値に対してどのくらい含まれるかを表した数値)のスコアが圧倒的に高いことを指摘します。

「ビタミンCの1日の推奨量は100㎎ですが、サンゴールドにはそれを大きく上回る160㎎のビタミンCが含まれています。ビタミンEやミネラル、食物繊維も含まれ、生食で食べるため栄養の損失も少ないことが特徴です」と西山教授。

栄養価が高い一方、1個あたりのカロリーは50~60kcalと低カロリー。さらにキウイは、血糖値に影響しにくい低GI食品としても知られています。

今、話題の腸内で発酵する発酵性食物繊維も

西山教授によると、さらにキウイは免疫の維持・増進に役立ちます。

その理由の一つは、キウイにはポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、カロテノイドなど、免疫システムに作用するさまざまな栄養素が含まれていること。

そしてもう一つ、キウイには腸内で発酵する発酵性食物繊維が含まれているから。

「特にグリーンキウイに豊富に含まれている食物繊維は、プレバイオティクスとして作用し、腸内細菌叢を整えます」と西山教授。それにより、抗菌、抗真菌、抗ウイルス作用をもつβ-ディフェンシンの産生が促され、免疫力の維持・増進につながるそう。

運動+キウイの抗酸化パワーで若々しく健やかに

そして、「免疫力の維持・増進には、抗酸化力の高い食材を摂ることも重要です」と、女子栄養大学栄養生理学の上西一弘教授。「活性酸素やフリーラジカルは、老化、がん、生活習慣病に関係しており、適当な量を保つことで免疫力も保たれることがわかっています」(上西教授)

ビタミンCやビタミンEが豊富なキウイは、まさに抗酸化作用の高い食材。陸上競技選手の男子大学生20名に、1日2個のキウイフルーツ(サンゴールド)を食べてもらったところ、潜在的抗酸化能(酸化ストレスに対する抗酸化力)の数値が平均的な7.3から、1カ月後に8.2に上がり、体を酷使して免疫力が低下する駅伝の練習シーズンにも維持できたそうです。

もちろん、ヨガをはじめ適度な運動も免疫力を高めることがわかっています。一方、激し過ぎる運動の後は、免疫力が下がってしまうことがあるため、いつも以上の感染対策が必要。そんなときにも、キウイが役に立ちそうですね。

1日1個のキウイで風邪知らず!

1日2個のキウイ、と聞くと、ちょっと多いなと感じる人も多いかもしれません。大丈夫、1日1個でOKです!

駒沢女子大学大学院健康栄養学科の田邉解准教授らが行った、キウイフルーツ(サンゴールドキウイ)を1日1個、女子中高校生サッカー選手に食べてもらった調査によると、8週間後、キウイの摂取前にSIgA値(口や鼻などで分泌される粘膜免疫で、侵入してきたウイルスや細菌などの異物に結合し、その機能を無効化する分泌型免疫グロブリンAのこと)が低かったグループが、キウイの摂取後に増加する傾向にあったとのこと。

さらにアンケート調査では、2カ月の間に風邪をひいた人が、摂取前は36%いたのに対し、キウイ摂取は0%に。キウイが免疫力の低下を抑える可能性があることがわかりました。

毎日の食事にキウイをプラスすることで、おいしく元気に冬を乗り切りましょう!

教えてくれたのは…

西山一朗先生
駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科教授。理学博士。日本おけるキウイフルーツ研究の第一人者。 論文、著書多数。 日本食品科学工学会、日本生化学会、日本栄養食糧学会、園芸学会他所属。

上西一弘先生
女子栄養大学栄養学部教授、栄養学博士。徳島大学医学部栄養学科卒業。食品関連企業に就職し入院患者向けの流動食の開発に携わる。1991年より女子栄養大学に勤務。食べることを一歩進め、選手のパフォーマンスが上がり、勝てる身体を作るためのスポーツ栄養学を研究し指導を行う。

田邉解先生
駒沢女子大学大学院健康栄養学科 准教授。体育科学博士。筑波大学の研究員を経て現職。運動生理学を専門とし、サルコペニア肥満、筋量、生活習慣病など、栄養と結びついた運動機能の研究を続ける。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

免疫力には「運動+キウイ」?発酵性食物繊維と抗酸化パワーを手軽に摂り入れる方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する