ビジネスパーソンが実践するセルフ・コンパッションとは|マインドフルネスとの違い

Adobe Stock

ビジネスパーソンが実践するセルフ・コンパッションとは|マインドフルネスとの違い

石上友梨
石上友梨
2020-09-16

マインドフルネスと同じくらい注目を集めているのが「セルフ・コンパッション」。具体的にどのようなメソッドなのでしょうか?

セルフ・コンパッションとは、アメリカのクリスティン・ネフ先生が概念化したもので「自分への慈悲」と訳されることが多いものです。「慈悲」という言葉はなかなか聞き慣れないと思います。自分への思いやりや優しさ、自分自身に寄り添うことと考えると、イメージしやすいでしょう。今回はビジネスパーソンが実践するセルフ・コンパッションについてご紹介します。

ビジネスパーソンがセルフ・コンパッションを高めるメリット

ビジネスパーソンにとって、セルフ・コンパッションを高めるメリットとして以下のようなものが考えられます。

1.心身の健康管理につながる

自分を大切にすることで、心身の健康管理ができます。例えば、早く寝たり、リラックスする時間を作ったり、身体の不調を感じたら早めに病院に行くなど、早めに自分をケアすることができるようになります。

2.共感力が向上する

自分の感情に気づき受け入れることは、他者の感情にも気づき共感することにつながります。他者に対してイライラすることが減り、自分の感情に振り回されず感情コントロールにもつながり、人間関係が良好になります。

3.物事を客観的に観れるようになる

今の状況を良い面・悪い面など幅広い視点から客観的に眺めることできます。物事を多面的に分析することで、より効果的な方法や改善策などを検討することができます。

4.モチベーションが高まり、行動が変わる

問題から目をそらさないようになること、気持ちが安定し落ち着いて対処できることで、変化を怖れず、その時に必要な行動を選択できるようになります。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ビジネスパーソンが実践するセルフ・コンパッションとは|マインドフルネスとの違い
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する