世界が不安に揺れる今だから。 心がつながるマインドフルネスサロン「MELON ONLINE」開始

MELON

世界が不安に揺れる今だから。 心がつながるマインドフルネスサロン「MELON ONLINE」開始

多くのグローバル企業でも取り入れてられている「マインドフルネス瞑想」。「マインドフルネスサロンMELON」は2019年にオープン、現在は東京・渋谷と表参道でクラスを行っています。 この「MELON」が、オンラインによるマインドフルネスサロン「MELON ONLINE」を開始することを決意。一体、その内容は? MELON創始者の橋本大佑さんにうかがいました。

外資系エリート金融マンは、なぜ、マインドフルネスに興味を持ったのか?

マインドフルネス瞑想とは、簡単にいえば、「今、ここの現実をありのままに受け止める」という技術を、体験的に学ぶこと。仏教における修行のひとつとして始まりました。

現在、「マインドフルネス」や「瞑想」がじわじわと人気を集めていますが、「MELON」は高度な技術を持った指導者による、本格的なマインドフルネス瞑想が体験できるとして、若者から年配の人まで、多くの人に支持されています。

meron

MELONが人気を集める理由は一体、何か? 創立者の橋本大佑さんの経歴を知ると、その秘密が見えてきます。

橋本さんはかつて、外資系の金融会社に勤め、毎日多忙な日々を送っていました。いわゆる、超エリートビジネスマン。でも、くる日もくる日も株価などの数字と向き合ううち、“どこかで心がすり減っていくのを感じていた”と言います。そんななか、友人の超エリートトップセールスが自殺をしてしまいます。原因は、仕事によるうつでした。

自称“健康オタク”として、さまざまなエクササイズを試したり、体にいいと言われることは片っ端から挑戦したりしていた橋本さんは、友人の自殺という経験が引き金になり、「心」というものに強い興味を持つようになります。

会社勤めをしながら心の研究を続けていくうち、たまたま出会ったのがマインドフルネス瞑想。自分でも実践するうち、「現代人に必要なのは、マインドフルネス瞑想だ」という思いが、少しずつ強くなっていきました。

text by Hiroko Suzuki

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

meron
melon
melon
melon
世界が不安に揺れる今だから。 心がつながるマインドフルネスサロン「MELON ONLINE」開始
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する