【寝ながらダイエット】腰回りの贅肉「浮き輪肉」に効く足上げトレーニング

Adobe Stock

【寝ながらダイエット】腰回りの贅肉「浮き輪肉」に効く足上げトレーニング

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-05-26

30代をすぎると、ウエストのくびれがなくなってくることはもちろんながら、ウエストより一段下の下っ腹から背中側まで腰回り全体にお肉がたまってきます。まるで浮き輪をつけているような下っ腹周り。足上げトレーニングで、まずは背中側のお肉にサヨナラしましょう。

腰のお肉には足上げトレーニング?

お腹にお肉はひゅっと凹ませれば誤魔化すこともできますが、なかなかごまかせないのが背中側のお肉。特にズボンを履く時に、なんとか足は入れたとしても、腰回りのお肉でボタンが締まらないという体験、ありませんか?下っ腹のライン、腰回りのお肉は、お尻から繋がっている筋肉の引き締めが効果的です。足上げトレーニングでお尻~腰回りにアプローチして、浮き輪肉を撃退していきましょう!

トレーニングのステップ

1.横向きに寝転がる

身体が一直線になるように横向きに寝ます。腕を枕にして頭を支えておきましょう。

2.下側の片足を曲げます

マットについている方の足を90度に曲げて、体を安定させます

腰回りトレーニング
膝は90度。腕枕をして頭を安定させましょう

3.上側の足を後ろに引きます

腰がそらないように注意しながら、足だけをななめ後ろに引きます。この際、身体が柔らかい女性は、肋骨が前に出やすいので、背骨は真っ直ぐをキープするように意識しましょう

4.足を上げる

骨盤の上部~お尻の側面上あたりの筋肉をキューっと縮める意識で足上げを10〜20回行います。目線を下に向けると背中が丸まってしまうので、前を向いて行いましょう。この時、腰が痛くなってきた人は使い方が間違っているかもしれないので、肋骨を引き入れて背骨を真っ直ぐに保ち、腰をそらないように意識しましょう。

腰回りトレーニング
★印のあたりに効いてくるように足を斜め後ろの位置で持ち上げます

5.トレーニングを終えたらストレッチ

あぐらの形で座り、腕をななめ前に伸ばします。腰がういてこないように、目線をおへそに向けて、腰はななめ後ろに引きます。腕と腰で引っ張り合いをしながら使った筋肉を伸ばしていきましょう。深く呼吸するのをお忘れなく!

腰回りトレーニング
★印のあたりが伸びてくるように腕の位置を調整してみましょう。お尻が浮いてこないようにするとストレッチが深まります

使った部分をしっかりとケアして、弾力のあるしなやかな筋肉をつけるように意識していきましょう。地味なトレーニングですが、きゅーっと効く感じが実感しやすいトレーニングでもあります。朝に行えば、1日中腰回りを意識して綺麗にあることができますよ!

ライター/伊藤香奈
ヨガビジネスアドバイザー、ヨガインストラクター、ヨガライター、会社員。ハワイでヨガインストラクターの資格を取得後、ヨガマットブランドにて新規ヨガイベントの立ち上げや新人講師発掘オーディションのプロデュース責任者等を歴任。800人以上のインストラクターと出会い、現在ヨガ雑誌やイベントの第一線で活躍するインストラクターを数多く育成・輩出する。2017年にヨガインストラクターのビジネスサポートを行う「ヨガビジネスアドバイザー」として独立。ビジネス講座やマンツーマンのコンサルティングを通して、ヨガインストラクターの活躍を裏から支えている。Instagram:@itokana45

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

腰回りトレーニング
腰回りトレーニング
腰回りトレーニング
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する