よくするけれど実は意味を知らなかった…手のポーズ「ムドラ」とは?

Photo by Meelika Marzzarella on Unsplash

よくするけれど実は意味を知らなかった…手のポーズ「ムドラ」とは?

ヨガクラスで手や指を合わせたり組んだりするを作ったことはありませんか?何でするのかわからないけれど先生がやっているからとりあえず真似してやっている…という人も多いのではないでしょうか。この手や指の形にはどんな意味があるのでしょうか?

ムドラ(Mudra)とは?

印、仕草、態度を意味し、手のひらを合わせたり、指を様々な形に組んだりします(手印)。主にポーズや瞑想の際に行って心を落ち着かせたり、体内のエネルギーを整えるとされています。よく見かけるムドラのそれぞれの意味をみていきましょう。

アンジャリームドラ(Anjali Mudra)

左右の手のひらを胸の前で合掌。一番なじみ深いムドラではないでしょうか。

Anjali
Photo by Yoga Journal US

アンジャリ―(Anjali)とは捧げることを意味します。右手は太陽や男性的エネルギー、左手は月や女性的エネルギーを象徴しており、このふたつを合わせることで相反するエネルギーを調和させ、自分の内側に戻って周りの人全てに敬意を表すとされています。手に力をいれず、手のひらの中央に少し空間を残すようにしましょう。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

chinmudra
Anjali
bhairava
よくするけれど実は意味を知らなかった…手のポーズ「ムドラ」とは?
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する