"心のスポーツジム"ロンドン発の瞑想アプリ「Headspace」の魅力

Adobe Stock

"心のスポーツジム"ロンドン発の瞑想アプリ「Headspace」の魅力

成瀬美紀
成瀬美紀
2020-05-04

皆様は「Headspace」というメディテーション(瞑想)アプリはご存知でしょうか。そもそも"Headspace"とは「心の余裕」「心の状態」「マインドセット」などという意味があります。イギリスロンドンで設立され、いくつかあるメディテーションアプリの中でも人気で有名なアプリケーションです。今回はそのHeadspaceというアプリについてご紹介します。

Headspace(ヘッドスペース)とは

Headspaceとは、2010年にロンドンで二人の男性によって設立されたヘルスケアカンパニーです。その一人、アンディ・プディコム氏は10年以上アジアを旅しチベット仏僧というキャリアを経てイギリスの臨床瞑想コンサルタントとして2004年瞑想普及のための団体Headspaceを立ち上げ、本「からっぽ!10分間瞑想が忙しいココロを楽にする」の筆者でもあり、TED talksでも話題となった人物です。

"A Gym Membership For Your Mind"(心のためのジムのメンバーシップ)とスローガンを掲げ 、瞑想というと固いイメージがある方もいるかもしれませんが、カラフルなアプリのデザインやアニメーションで、可愛らしいポップなキャラクターがメディテーションガイドをしてくれます 。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Headspace(@headspace)がシェアした投稿 - 2019年 9月月9日午前11時28分PDT

瞑想はストレスを軽減したり、睡眠の質を高めたり、生産性を向上させたりと沢山の良い効果が証明されていますが、このアプリでのおすすめポイントをいくつか紹介します。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する