「ネットで買ったプチプラウェアで失敗」はアレを縫いつけて解決? 100着着てきたヨガ講師の裏技

ayakono/Adobe Stock

「ネットで買ったプチプラウェアで失敗」はアレを縫いつけて解決? 100着着てきたヨガ講師の裏技

高木沙織
高木沙織
2020-04-26

ショッピングに行けなくても、ネット・オンラインショップでヨガウェアを購入できる時代。それも、人気のブランドからプチプラのものまで選択肢はさまざまです。だけど、試着をせずに買うわけだから、「まずはプチプラのウェアから」購入。そして予想どおり、「失敗した」なんてことも珍しくありません。そんなとき、100着以上のヨガウェアを着てきたヨガインストラクターの筆者は……?

失敗1・レギンスの生地が薄かったとき

オンラインショップでの買い物でもウェアの素材を知ることはできます。「これなら大丈夫だろう」とポチリ。……のはずが届いたものを手に取ってみて、「あれ、なんか想像していた生地感よりも薄くない?」って。これ、よくあること。

筆者の経験上、特にレギンスに多かったように思います。

※ 個人の感想です。

レギンスの生地が薄いと伸縮性や下着の色の透け具合が気になってしまいますよね。ですが、下着の色やデザインに気を付ければ着られないことはないでしょう。

では、一番の問題は? お股の食い込みが目立っちゃう……ではないでしょうか。この“お股問題”については、過去記事「お股問題、どうしてる? ぴっちりレギンスで気になるあの部分を隠す方法」でも解決策を紹介していますが、筆者は最近新たな方法を取り入れてみています。

それは、お股の部分に“あて布”をするという方法。レギンスの内側のお股の部分に、厚みのある布を縫いつけるという荒業です。レギンスと色の近い布・糸を使い、縫い目が外側から目立たないよう細かく縫っていきます。布のサイズや大きさは、Tバック用のおりものシートを目安にしてみるとよいでしょう。

ただしこれは、本当に最終手段として取り入れてみてくださいね。裁縫に自信のない人は…やめておきましょう。お肌にトラブルが出やすい人も。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する