ノーパンがもたらす意外なメリットとは?産婦人科医の真意

Getty Images

ノーパンがもたらす意外なメリットとは?産婦人科医の真意

産婦人科医で女性器の専門家でもある八田真理子医師は、夜、下着(ショーツ)をつけないで寝ることを推奨している。その真意を伺った。

ノーパンがおりものトラブルを防ぐ

「膣」トラブルを防ぐために、ムレない環境を作ることが大切なのは、すでにレクチャーしていただいた。八田医師はさらに、ヨガ中はもちろん、寝るときもほとんどノーパンで過ごしているという。「別名、ダイレクトパジャマね(笑)。一度試して欲しいのですが、とにかく爽快感が違います。それに、膣に蓋をするものがないから膣内環境が改善、ムレることがない。ということは、おりものトラブルが起こりにくくなるのです」と八田医師。分かりやすい例えを教えよう。

膣環境は、脇の下と似ている

まず、長時間コンサバティブな服を着た状態で、汗をかいた脇の下を想像してほしい。皮膚により密閉された状態と汗によるムレのせいで、脇の下の皮膚はふやけ、時間が経てば経つほど雑菌が繁殖し不快な臭いを伴ってくる。これと同じ現象が、膣内で起こっているという。ならば、早急にノーパンを実践すべきではないか?

Text by Yuki Ikeda

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する