花粉症のムズムズに「酢酸菌」!カンタン「ワン・ス(酢)プーン」習慣とは?

Getty Images

花粉症のムズムズに「酢酸菌」!カンタン「ワン・ス(酢)プーン」習慣とは?

松田 真紀
松田 真紀
2020-04-01

今や「国民病」といわれるほどにまで深刻化している花粉症。お悩みの方に朗報です! 酢の中に含まれる「酢酸菌」が、花粉症のムズムズなど不快症状の予防・改善に効果あり、という研究成果が発表されました。「酢酸菌」が含まれる酢はどんなものがあるでしょうか?身近な酢と、手軽に取り入れる方法をご紹介します。

都市部では約2人に1人が花粉症、インフルや風邪でリスク増も

今年も花粉症の季節―アレルギー疾患で医療機関を受診する患者は年々増加の一途をたどっています。東京都福祉保健局発表の「平成28年度版 花粉症患者実態報告書」によると、30年前に比べて有病率はおよそ3倍以上に上昇。またインフルエンザや風邪が流行し、喉がダメージを受けると異物を排出する機能が低下。花粉が体内に入りやすくなり、花粉症の発症リスクを高める可能性があると考えられています。 

花粉症ケアの3つの対策:食生活で免疫力を改善

花粉症の基本ケアは3つ。

1・「花粉を体内に入れない」

2・「免疫力を改善する」

3・「薬で症状を抑え込む」

私たちの毎日の食生活で無理なく実践できるのが「免疫力の改善」。特に「口から入った多様な細菌やウイルスを腸内に取り込むこと」が、免疫細胞の活性をうながし、免疫機能を高める最適な方法と言われています。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する