太りにくいレトルトカレーの選び方|管理栄養士オススメ「グリーンカレー」3選

Getty Images

太りにくいレトルトカレーの選び方|管理栄養士オススメ「グリーンカレー」3選

松田 真紀
松田 真紀
2019-09-20

カレーのスパイシーな香りを感じると、無性に食べたくなりますよね。カレーのスパイスやハーブには抗酸化作用があり、血流改善や消化促進、脂肪燃焼に非常に優れた料理です。一方で、「カレーは太る!」というイメージはありませんか?体脂肪の原因となる糖質が高いのは事実。でも、「ダイエット中だってカレーを食べたい!」そんな声にお応えして、手軽で人気の「レトルトカレー」の中で「太りにくいカレー」としてチョイスしたのは、女性に人気の「グリーンカレー」!その理由とオススメ3選をご紹介。

おすすめはグリーンカレー!その理由は

カレーに豊富に含まれるスパイスやハーブには抗酸化作用があり、血流改善や消化促進、脂肪燃焼など美容と健康に優れた料理です。特に季節の変わり目、体調を崩しやすい時期には体が欲するメニューですよね。生ハーブを使う刺激的なタイカレーの中でも最も「グリーンカレー」は、その優れた効果をチャージできるダイエット向きのカレーなんです。

1.「グルテンフリー」サラサラカレーで「低糖質」

「カレーが太る」理由は、「とろみと甘み」つまり糖質です。特にレトルトカレーは、小麦粉やジャガイモ、果物ジュースなどが多くなりがち。タイカレーは小麦粉不使用。タイカレーの中で最も辛いグリーンカレーはフルーツやジャガイモで甘さを加えない分、低糖質なものが多く、ダイエットに向いています。

2.「ごろっとチキン」ダイエットに必須な「タンパク質がしっかり」

タンパク質は、脂肪燃焼や食欲を抑えるホルモン分泌を促進するダイエットに必須の栄養素。グリーンカレーは、低脂肪高タンパクのチキンがごろっと。咀嚼することでさらに血糖値の急上昇を抑え太りにくくします。

3.「ココナッツミルク」は低糖質。その上、「スピーディーにエネルギー化!」

ココナッツミルクは牛乳の10分の1と低糖質。さらに、スピーディーにエネルギーに変わる中鎖脂肪酸という脂質が豊富。パフォーマンスアップにも最適。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する