結婚やキャリアチェンジ、体の変化etc.人生でもっとも複雑な時期をどのように乗り越えるか

Photo by BBH Singapore on Unsplash

結婚やキャリアチェンジ、体の変化etc.人生でもっとも複雑な時期をどのように乗り越えるか

20代前半から35歳ぐらいまではいろいろ大変な時期だ。PMS(月経前症候群)が一番重くなり、人生も複雑になってきてプレッシャーや感情の波が押し寄せて来る。そんな時期を乗り切るためにヨガを取り入れよう。

20代前半から35歳ぐらいまでは、PMS(月経前症候群)が一番重くなり、人生も複雑になってきて(キャリアを積んだり、人生のパートナーを探したり、家庭を築いたり)プレッシャーや感情の揺れが大きくなる。日常的に女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンと男性ホルモンのテストステロンにさらされる状態が続くのだ。良い面としては、より柔軟で寛容になれます、と婦人科医のサラ・ゴッドフリードは言う。彼女はヨガティーチャーで、「The Hormone Cure」の著者でもある。逆に悪い面としては感情的になりやすく、不安感や気分のむらが増す。ストレスホルモンのコルチゾールの値が最も高くなるのもこの頃だ。また、出産を経験する女性たちにとっては、さらに劇的な変化が訪れる。「妊娠期と出産後は、女性の生涯においてホルモン値の変動が最も激しくなります。その結果、身体や胸、脂肪細胞、筋肉に様々な変化をもたらします」とブリゼンディンは言う。さらにこの時期は、子どもの有無にかかわらず、ホルモン変動による感情のゆらぎが起きやすい。オキシトシン(愛情ホルモン)の分泌が活発になって母性本能が増す一方で、テストステロンの増加により攻撃的になったり、怒りっぽくなる。

Traslated by Sachiko Matsunami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

鶴のポーズ
戦士のポーズ2
ヴィパリタカラニ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する