谷村奈南が見つけた、新しい人生「起きた全てのことに意味がある」【インタビュー】

Shoko Matsuhashi

谷村奈南が見つけた、新しい人生「起きた全てのことに意味がある」【インタビュー】

歌手として、2008年には日本レコード大賞優秀作品賞を受賞し、近年は女優としても活躍されている、谷村奈南さん。実は3年前からヨガを本格的に学び始め、今年6月にヨガインストラクターの国際ライセンスである「全米ヨガアライアンス認定RYT200」を取得しました。「ヨガは私の人生そのもの」と語る彼女に、ヨガとの出会いから、ヨガ的日常で得られる恩恵、今後の夢などを伺いました。

「心を整える」魅力に惹かれて

ーーヨガにはいつ、どんな形で出会われたんですか?

ヨガに初めて触れたのは10年以上前、20代前半の頃だったんです。たまたま母が、FOXチャンネルで放送されていたヨガのレッスンを録画していて、そこで流れていた太陽礼拝A&Bを見よう見まねでやってみたらすごく気持ちよくて。昔から体を動かすことは大好きで体も柔らかいほう、ピラティスやワークアウトもやっていたので、当時はヨガ=フィットネス感覚で時々、母と一緒にチャンネルを見ながらヨガをやっていました。

でも、3年ほど前に友人に紹介されてアンダー・ザ・ライト ヨガスクール(以下、UTL)のヨガクラスに行ってみたら、それまではボディのためだと思っていたのが、「ヨガは体より、心を整えるために行うもの」といったヨガ哲学のお話をされて、ヨガに対するイメージが大きく覆されたんです。以前から心理学を学んだり、精神世界や魂についての分野にも興味があって、ヨガにも通ずるものを感じて。そこからもっと深くヨガを学びたいと、そのままRYT200の指導者養成コースを受講し始めました。

谷村奈南
Photo by Shoko Matsuhashi

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ayako Minato

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

谷村奈南
谷村奈南
谷村奈南
谷村奈南
谷村奈南
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する