人生とビジネスに勢いがつく!ワークスペース整え術4つのステップ

Photo by Arnel Hasanovic on Unsplash

人生とビジネスに勢いがつく!ワークスペース整え術4つのステップ

ワークスペースを少し変えるだけで、人生とビジネスに勢いがつきます。物理的環境を変えると、目標達成にどのような影響があるかについて紹介しましょう。

この先10年の大きなプランや夢はありますか?そして、あなたが達成したいのは個人としてのゴールですか?プロとしてのゴールですか?もし、自分のワークスペースのレイアウトをシンプルに変えるだけで、新年、そしてその先の未来の成功と繁栄につながるとしたら、どう思いますか?

ミニマリストの火付け役で片付けコンサルタント、また自身の著書「the life-changing magic of tidying up」(人生がときめく片づけの魔法の英語版)のベストセラー作家として知られる近藤麻理恵さんの人気をきっかけに、人々の生活空間づくりと所有物に対する想いに顕著な変化が起こっています。おそらく皆さんも今現在、片付けに取り組み、「ときめかないもの」を断捨離している最中ではないでしょうか。

ただし、成功と繁栄のためにワークスペースを整えることは、単に「整頓」を意味するのではありません。整頓すると同時にエネルギー空間を意識することが重要なのです。実際のところ、整え方によっては、家とワークスペースがあなたを阻む可能性があります。風水の原則に基づく小さな変化を取り入れることによって、あなたが求める成功と繁栄への確実な一歩を踏み出せるでしょう。

あなたが居る物理的環境は、あなた自身の内なる世界を映し出す鏡

「家とワークスペースは、多くの時間を過ごす場所であるだけでなく、あなたの潜在意識の延長線上にあり、潜在意識に向けて開かれた心の窓です」と、風水またスペースクリアリング(淀んだエネルギーを取り去り、綺麗なエネルギーを取り込む方法)の専門家であるドレーナ・コールズさん(別名:スペース・ドゥーラ)は述べています。

コールズさんは、「家とワークスペースは、暮らしとビジネスを映し出す鏡である」という原則をクライアントに伝えた上で指導を行なっています。「一方のエネルギーをシフトすれば、もう一方のエネルギーもシフトします」と彼女は言います。コールズさんは、家とワークスペースは自分たちが生きたい人生の青写真となると考えています。

家とワークスペースに流れるエネルギーは、ヨガをしているときの体を流れるエネルギーと似ています。ポーズを取りながら体の声に耳を傾ける時、私たちは閉ざされたり、凝り固まったり、柔軟性を失ってしまったりしている心身のエリアを感じ、そこに繋がります。次に、それらのエリアに気持ちを集中し、呼吸の力を利用して、エネルギーが流れる空間を作り出します。それと同様、普段の生活空間に耳を傾けて繋がろうとすれば、閉ざされて困難な状況が開かれていくでしょう。

次の4つのステップを実践すれば、ワークスペースが変わり、更に人生とビジネスが前向きに動き出すでしょう。

Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

バグアマップ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する