生理中はお腹がゆるくなる…副交感神経を高めてお腹を整える方法

Sayaka Ono

生理中はお腹がゆるくなる…副交感神経を高めてお腹を整える方法

女性ホルモンの分泌量にメリハリがある20~35歳くらいまでは、心身が大きく揺さぶられやすく、生理不調に悩む方も多い時期。冷えから来る症状改善の秘訣は、血液やリンパの循環を高めて体を温めること。そこで血流やリンパを促すヨガポーズをご紹介します。今回は生理の時の下痢対策にお腹の調子を整える方法!

生理の時の下痢対策に。ねじりとリラックスのポーズで腸を整える

ホルモンバランスの変化から交感神経が優位になると起こりやすい下痢。お腹を温めて腸の調子を整えるにはお腹をねじり、逆転やうつ伏せのポーズでリラックスし、副交感神経を優位に導きましょう。

STEP1.パリヴルッタプラサリタパードッターナーサナ

開脚した両脚のつま先を正面に、右手を左脚の内側につく。背骨を伸ばしたら左手と目線を天井へ。5呼吸したら反対も同様に。

生理中はお腹がゆるくなる…副交感神経を高めてお腹を整える方法
photo by Sayaka Ono

STEP2.ジャタラパルヴァルタナーサナ

うつ伏せでお腹が冷えないようブランケットを敷き、痛くない程度に左膝を曲げて股関節をほぐし1分以上。右脚も同様に。

生理中はお腹がゆるくなる…副交感神経を高めてお腹を整える方法
photo by Sayaka Ono

教えてくれたのは…磯 沙緒里先生
ヨガインストラクター。国内外でヨガを学ぶこと17年。ヨガ経験や体調にかかわらず実践できるレッスンは幅広い層から人気。活動は多岐にわたる。

photos by Sayaka Ono
text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

生理中はお腹がゆるくなる…副交感神経を高めてお腹を整える方法
生理中はお腹がゆるくなる…副交感神経を高めてお腹を整える方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する