いつか訪れる「別れ」のために今からできること

Getty Images

いつか訪れる「別れ」のために今からできること

日本を代表するヨガ指導者であるケン・ハラクマ先生がすべてのヨギに贈る、心温まる言葉のギフト。今回は「別れ」について。

「別れ」に向き合うために

旅立ちの春は、別れを身近に感じる季節ですね。今回は人生における「別れ」と、改めて向き合ってみたいと思います。今後、家族やパートナーとの離別や死別、あるいは自分が突然病気になって命の期限を迫られないとも限りません。

人生には自分の思いだけでは、どうにもならない別れがあります。直面しないと実感が湧きませんが、受け入れがたい別れは誰にでも起こり、平穏な日常が続くとは限らないことを、まずは受け止めてみましょう。

もし大切な人を失ったとして、その人への思いが強いほど喪失感は深く、なかなか忘れられないのは当然です。すぐに立ち直れなくても自分を責めないで。

悲しみは人間が本来持っている感情で、自然と湧き上がってくるものなので、それを否定するほうがネガティブ。「ヨガ=融合」であることを思い出し、悲しみが存在していることを、否定せず味わう時間も必要です。

yoga Journal日本版Vol.58掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

いつか訪れる「別れ」を今、考えてみましょう
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する