【レシピ】ヴィーガンのための素材を楽しむ「枝豆ケーキ」

Jennifer Olson

【レシピ】ヴィーガンのための素材を楽しむ「枝豆ケーキ」

アシュタンガヨガのティーチャー、Omstarsの設立者であるキノ・マクレガーは、自宅のあるマイアミビーチのベジタリアンのガストロパブ、Soul Tavernで枝豆ケーキのプレートをシェアするのが大のお気に入りだ。

Soul Tavernの枝豆ケーキ

「わたしはプラントベースの食事(植物由来の食品をベースにした食事法)をしていて、素材の自然な風味がはっきり感じられるものが好きなの。Soul Tavernの枝豆ケーキは、パン粉をまぶした普通の揚げ物が、フレッシュにグレードアップされていて大のお気に入りよ。枝豆をパテの形で食べるのは初めてだったけれど、この料理を知ってからは、もっと頭を柔らかくして大豆を使う方法を考えるようになったわ」

材料(1人分)

・さやから外した枝豆(むき豆) …1カップ
・レモン汁… 大さじ3+小さじ1、分けて使う
・フェンネル…1/2 カップ、薄切り
・にんにく…小さじ2/3(1/2片ほど)、粗みじん切り
・塩…小さじ1/4 +ひとつまみ(小さじ1/8ほど)、分けて使う
・ブラックペッパー…小さじ1/8
・オリーブオイル…1/4カップ+大さじ1+小さじ1、分けて使う
・タヒニペースト…1/4カップ
・青リンゴ…1/3カップ、細切り
・れんこん…大さじ1、薄切り(好みで)
・ヘンプシード…1/3カップ、殻を取る
・小麦粉…大さじ1+小さじ1
・フラックスシードパウダー…大さじ1+小さじ1
・フレッシュディル…2本、飾り用
・黒ごま…小さじ1/4、飾り用

photo by Jennifer Olson
food styling by Eric Leskovar
prop styling by Erica McNeish
translation by YUKO
yoga Journal日本版Vol.67掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する