股関節を動かして血流アップ|免疫力を落とさないヨガポーズ

Shoko Matsuhashi

股関節を動かして血流アップ|免疫力を落とさないヨガポーズ

免疫を下げる要因は、骨盤まわりや背骨のこわばり。血流が滞り、自律神経の乱れにつながります。大切なのは、骨盤まわりや背骨のこわばりをほぐすこと。今回は循環力を高めるほぐしメソッドをご紹介します。自然と免疫を下げずに不調も減っていきますよ!

循環力を高める「ハッピーベイビーのポーズ」

固まりやすい股関節まわりを多方向に動かして、こわばりを解いてあげると全身の血流がUP。両手で内から、外から足先を掴むだけで股関節にかかる力が変わります。

やり方

1. 仰向けになったら、両手で両膝を胸に引きつける。そのまま両足の裏を天井へ向ける。

股関節を多方面に動かそう|循環力を高めて免疫力を落とさないヨガポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

2. 両足裏を両手で外側から掴み5呼吸。足裏が掴めない人はくるぶしでも、股関節の可動域がUP!

POINT:肘で膝を少し内側に押してあげると、股関節のほぐれが深まります!

股関節を多方面に動かそう|循環力を高めて免疫力を落とさないヨガポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

3. 両足裏、または両くるぶしを両手で内側から掴み、肘で膝を外側に押して5呼吸。

股関節を多方面に動かそう|循環力を高めて免疫力を落とさないヨガポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…仁平美香先生
一般社団法人日本ホリスティックヘルスケア協会理事。女性のためのヨガ協会代表。月経血コントロールヨガ(子宮美人ヨガ)、産後メンテナンスヨガ、体軸ヨガ、講師養成講座などを指導し、メディア監修や著書も多数。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

Photos by Shoko Matsuhashi
Styling by Yuko Hachiya
Hair&make-up Rika Imazeki(P-cott)
Illustrations by Misako Nakagawa
Edit&text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.63掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

股関節を多方面に動かそう|循環力を高めて免疫力を落とさないヨガポーズ
股関節を多方面に動かそう|循環力を高めて免疫力を落とさないヨガポーズ
股関節を多方面に動かそう|循環力を高めて免疫力を落とさないヨガポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する