冷えや倦怠感を和らげる|こだわりスープの作り方

Jennifer Olson

冷えや倦怠感を和らげる|こだわりスープの作り方

Blissology Yoga の創設者であるヨガティーチャーのイオン・フィンと、ヨガティーチャーでアーユルヴェーダのシェフである妻のインシア・ラシワラ・フィンが紹介する、3つのドーシャを整えるこのレシピを試してみよう。

葉物野菜を使ったゴールデンムングダルのスープ

「このダルの料理を食べるとほっとするわ。アーユルヴェーダでは3つのドーシャを整える料理、つまり、マインドと体の持っている3つの性質すべてを落ち着けるレシピだと考えられているの。しょうが、クミン、コリアンダーが体を温め、抗炎症作用のあるターメリックが長引く倦怠感と体の不調を楽にしてくれるから、今の時期には特に効果的。苦味のある葉物野菜やハーブには解毒作用もあって、今後の季節の移り変

材料(4人分)

・ムングダル(ひき割りムング豆)…2/3 カップ(145ℊ)、皮なし
・ギー…大さじ1、小さじ1 に分ける
・ターメリックパウダー…小さじ1/2
・コリアンダーシード…大さじ1/2
・クミンシード…大さじ1/2
・バスマティライス…2/3 カップ(あるいはロティ2 ~ 4 枚)
・シーソルトかロックソルト…小さじ1
・ベビースピナッチ、ベビーケール、あるいは細く切ったケールかチャード…2カップ
・オリーブオイル…大さじ1
・しょうが…小さじ2、すりおろすか細切り
・セラノペッパー…小さじ1/2 ~ 1 ほど、輪切り(好みで)
・コリアンダーかパセリ…大さじ2、刻む

photo by Jennifer Olson
food styling by Eric Leskovar
prop styling by Erica Mcneish
translation by YUKO
yoga Journal日本版Vol.65掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する