太り過ぎやイライラの原因「エネルギーの乱れ」はなぜ起こる?

Getty Images

太り過ぎやイライラの原因「エネルギーの乱れ」はなぜ起こる?

何かと忙しい年末にかけては、体重管理が難しい時期ですね。繁忙期の不安感やイライラ、忘年会後の太り過ぎ、それはもしかしたらドーシャの乱れが原因かもしれません。ドーシャとは一体何なのか、不調を防ぐためにはどうしたらいいのかをご紹介します。教えてくれたのは、ヨガ・アーユルヴェーダの第一人者であり、世界中の人たちの健康をサポートしてきたマイラ・リューイン氏。

バランスが崩れると不調の原因になる「ドーシャ」とは何か

世界3大医学の一つ、アーユルヴェーダでは、心身の健康において、「ドーシャ」のバランスを整えることが重要とされています。

ドーシャとは、自然界に存在する5つの元素(地・水・火・風・空)の組み合わせでできているエネルギーの象徴。ドーシャにはヴァータ・ピッタ・カパの3つがあり、心と体のさまざまな機能を表しています。この3つのバランスが取れている状態が、人間にとって健康的な状態です。

ヴァータ

空と風のエネルギー。冷たい、乾燥、軽い性質。風のように動き、好奇心が強く活発的な特徴を持つ。血液や栄養を運ぶ働きを持つ。

ピッタ

火と水のエネルギー。熱い、鋭い、突き刺すような強い性質。細胞機能に必要なエネルギーや熱を作り出し、栄養分の消化や代謝を促す。

カパ

水と地のエネルギー。冷たい、湿っぽい、安定した、面倒見が良い、愛情深い性質を持つ。骨や筋肉など体の細胞を作る。

ドーシャとマインドは密接に関係している

ドーシャは季節や体調の変化、そして自分の精神状態などに影響を受けると言われています。例えば、忙しかったりストレスを抱えていると、精神状態が崩れてしまい、ドーシャが乱れがち。すると体ではなくマインドが欲している食欲が優先され、結果食べ過ぎてしまう事も…。特に年末にかけて仕事やプライベートも忙しくなってくる時は、「もっと食べたい」という欲求が高まり、冬太りを引き起こしてしまうのです。

あ
Photo by Hiromi Hashimura

では、ドーシャのバランスを整えるにはどうしたら良いのでしょうか?

Photos by Hiromi Hashimura
Text by Mai Sato

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する