体の各所にあるエネルギーセンター「チャクラ」を知ろう【ヨガハワイマガジン】

yoga Hawaii magazine

体の各所にあるエネルギーセンター「チャクラ」を知ろう【ヨガハワイマガジン】

ハワイのヨガマガジン「Yoga HAWAII Magazine」人気記事をヨガジャーナルオンラインが独占配信!ハワイ州ワヒアワ出身、世界各国で活躍するがステファニー・ケイコ・コング先生がチャクラについて教えてくれました。

「チャクラ」って何のこと?

チャクラとは、身体の各所にあるエネルギーセンターだ。サンスクリット語では「車輪」「円」を意味し、私たちの身体には背骨に沿って7つの主なチャクラがある。これらのチャクラは情報や表現のやりとりの中心的な役割を果たしており、動作、微細な感情、エネルギー波動のすべてに影響を与えている。

ヨガの教本によると、エネルギーは体の中の主要な3つの経路(ナーディ)を巡っている。その3つのナーディとはスシュムナ、ピンガラ、イーダだ。この3本が交差するそれぞれの点に7つの主要なチャクラがある(これ以外にも小チャクラが体中に無数に存在している)

チャクラ(車輪)はこれらのナーディを巡るプラーナの流れによって回転している。サンスクリットで「呼吸」を意味するプラーナは、身体じゅうに流れる生命エネルギーだ。プラーナの流れが不均等になると、チャクラのエネルギーが乱れてバランスが崩れ、チャクラが過剰に活発になったり、不活発になる。アサナ練習と共にこの3つのチャクラを癒して強化すれば、身体の微細なエネルギーをより感じられるようになるだろう。

7つの主要なチャクラはどこにある?

7つの主要なチャクラは背骨沿いに並んでおり、身体の神経叢、内分泌系、心臓血管系などと関わっている。各チャクラの関係部位は次のとおり:

1. ルートチャクラ

尾骨神経叢、骨盤底、結腸、脚と関わっている。

2.セイクラルチャクラ

仙骨、腰と下腹部の筋肉、生殖器

3.ソーラープレクサスチャクラ

腹筋、胃、腎臓、副腎

4.ハートチャクラ

心臓、上胸部と上背部の筋肉、胸腺

5.スロートチャクラ

のど、声帯、首の筋肉、甲状腺

6.サードアイチャクラ

額、顔と頭皮の筋肉、下垂体、脳

7.クラウンチャクラ

頭頂部、背骨の延長線上、身体の外に位置している。

 

3つの主要なナーディはどこにある?

1. スシュムナーナーディ

身体の中心線、脊柱の中枢を流れる。ブラフマナーディとも呼ばれる。

2.ピンガラナーディ

右の鼻孔を始点に、頭頂部から尾てい骨まで背骨沿いに螺旋状に流れる。スーリヤナーディ(太陽の気道)とも呼ばれる。

3.イダーナーディ

左の鼻孔を始点に、頭頂部から尾てい骨までピンガラナーディとは逆方向に背骨沿いに螺旋状に流れる。チャンドラナーディ(月の気道)とも呼ばれる。

by STEPHANIE KEIKO KONG
translation by Sachiko Matsunami

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

チャクラ
チャクラ
チャクラ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する