エネルギーと脳の働きを高めるアーユルヴェーダレシピ3選

YJ US

エネルギーと脳の働きを高めるアーユルヴェーダレシピ3選

身体がだるい?それなら、ここで紹介する3つのアーユルヴェーダレシピで、エネルギーと脳の働きを高めよう!

タマスとは、じっとして何もしないことを好むエネルギーで、心の重く鈍い性質のこと。穏やかな気持ちで生き生きと過ごすためには、程よい休息とくつろぎが必要だが、あまりにも動かないと脱力感につながることも。もし元気がなかったり、悲しかったり、どんよりとした気持ちで行き詰っているなら、心のエンジンをかけ直し、脳の働きを高めるために、次のレシピをチェックしてみて。


スパイシーなターメリックレモネード(4人分)

アーユルヴェーダレシピ

味:甘味、辛味、苦味、酸味

だるい時は、アルコールを飲むなんて考えられないもの。たまのごく少量の健康にいいワインやスピリッツを除いては、アルコールは単糖で身体を制圧し、心を鈍らせる。暖かい日に、友人とともにリラックスしながら、この鮮やかでスパイシーなレモネードを楽しもう。スパイシーなシロップを冷やす工程が入っているので、氷は少なめで。

材料

  • 1~2インチ(約2.5 cm~5 cm)の生しょうが(すり潰したもの)
  • 粉末のターメリック....................小さじ1/2
  • 生はちみつ....................1/4カップ
  • 搾りたてのレモン汁....................1/2カップ(レモン約4個)

つくり方
シロップを作る。小さな片手鍋に水1カップ、しょうが、ターメリックを入れたら蓋をして10分茹でる(濃くしたい場合は長めに茹でる)。鍋を火からおろし、3~5分冷ます。はちみつを入れて、溶けるまでよくかき混ぜる。冷たくなるまで冷蔵庫で冷やす。
しょうがとターメリックのシロップ、搾りたてのレモン汁、水2カップを混ぜ合わせる。4つのグラスに氷を数個ずつ入れ、注ぎ入れる。

栄養成分(1杯) 74 kcal、脂質0 g(飽和脂肪酸0 g)、糖質20g、食物繊維0g、タンパク質0g、ナトリウム2mg

Traslated by Tomoko Abe

All photosこの記事の写真一覧

アーユルヴェーダレシピ
アーユルヴェーダレシピ
アーユルヴェーダレシピ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する