写真うつりが悪いと思っている人へ|SNSブルーを避ける5つの方法

YJ US

写真うつりが悪いと思っている人へ|SNSブルーを避ける5つの方法

私は9歳の時からダイエットを始めました。カロリーを計算したり、ブロッコリーの量を計ったりはしませんが、今でも口に運ぶ食べ物には常に気をつけています。

私が子供の頃の90年代初頭というのは、スーパーモデルが全盛期の時代でした。クラウディア・シファーやシンディ・クロフォードのポスターを部屋中に貼っていました。私の母親もいくつかの仕事を抱えながら、モデル業をしていました。当時、雑誌VOGUEのページを一枚一枚集めていて、エアブラシで綺麗に処理された母の宣材写真も母にねだりました。

「私もそんな風に外見になれたらいいのに。なんて彼女は美しいのかしら。私はなぜこんなに醜いのかしら。」

これは私が頭の中で何度もリピートしたある歌詞の一部です。子供のための歌とは決して言えません。

完璧でいなければいけないというプレッシャーはとても力強く、意識しすぎてしてしまうと自分という個性が潰れ兼ねません。それはそれぞれの持つカラーを消し去り、個性を洗い流し、すっかり色がさめて痩せこけたバービー人形のコピーのように変えてしまいます。

フォトショップ加工をした写真であってもそこに写るのは人間です。本物の人間というのは、その毛穴、シワ、傷、体重全てが個性的な人生のストーリーを物語るものです。

残念なことに、メディアというのはこれらの話を書きたがりません。もしそういった事実ばかりがメディアに溢れれば、誰も2度と美容アイテムなど買わなくなるでしょう。代わりに企業は利益目的に現実離れした「完璧な女性」「完璧な男性」の嘘を並べ立てます。

そして、そのメッセージはとても印象的で影響力が強く、私たちは様子見することなく、一気に吸収してしまうのです。 トップ20のヒットソングのようにしっかり歌に耳を傾けることなく、どういうわけか記憶してしまうのです。

ある日、写真に写るありのままの自分の姿を見て、自分の人生の栄光をそこに見るのではなく、欠点ばかりを見つけてしまいました。そしてスマートフォンにアプリをダウンロードして、指一つで理想の自分に変えたのです。まるで魔法のように、不安感やネガティブな気持ちは画面から消すことができました。とても簡単でした。

ありのままの自分では十分ではないという考えが一般的なこの世界で心から自分を愛するということは簡単ではありません。かなりの勇気が要り、反逆的な行為です。それは、中毒性のあるメッセージや理想の美しさを無視し、ありのままの自分を受け入れることを意味します。鏡の向こうの自分の目を見つめて、自分は美しいと本当に信じることです。痩せているからとか、日焼けしているからとか、毛穴のない肌だからとかそういう理由ではありません。この世界に自分はたった一人だけしか存在しないから美しいのです。これからも2度と自分と同じ人間がこの世に存在することはないのです。

SNSブルーを避ける方法
Photo by YJ US

次回写真を撮って一般にシェアする場合には、フィルターを使わないことをお勧めします。

人生における輝かしい細かいストーリーをシェアするため、あえて画像を調整したり、変えたりすることは勧めません。私もあなたの味方ですから恐れることはありません。手を取り合って、スッキリした表情で、そして私たちの魂は輝きます。

BY SARAH EZRIN
Translated by Hanae Yamaguchi

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

SNSブルーを避ける方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する