疲れない旅の秘訣!旅先でも活躍する「アーユルヴェーダ」実践法

Getty Images

疲れない旅の秘訣!旅先でも活躍する「アーユルヴェーダ」実践法

HIKARU
HIKARU
2019-04-13

ヨガ講師でアーユルヴェーダカウンセラーとしても活動するHIKARU先生に、アーユルヴェーダの知恵を借りて日々を心地よく過ごすヒントを教えていただきます。今回のテーマは「旅先でできるアーユルヴェーダ」。

今年のゴールデンウィークは、暦の上でも一週間以上の大型連休となりますね。きっと旅に出かける方も多くいらっしゃることでしょう。新しい出会いや発見に期待が膨らむ反面、移動が続いたり、環境の変化、日々のリズムが守れないと、体調を崩す心配もありますね。今回は旅先でもできるアーユルヴェーダの実践方法をいくつかご紹介します。

アーユルヴェーダ実践①出かける前の準備

出かける前の準備から始めましょう。休みが始まればゆっくりできるからと言って、直前まで目一杯予定を詰め込んで、頑張り過ぎないように。移動距離が長かったり、時差が大きい環境では、体が慣れるまで少し時間がかかります。直前まで頑張り過ぎていると、疲労に疲労を重ねてしまうことになりかねません。

長い旅に出かける前には、一週間ほどかけて徐々にスローダウンし、できれば一日自宅でゆっくり休んでから出発されることをおすすめします。一日も休めない時には、フライトや新幹線の時間を夕方以降の便に調整するのもいいでしょう。荷造りと共にお部屋を掃除することもおすすめします。帰って来た時に、きれいに整頓された自宅に足を一歩踏み入れただけでも、きっと長旅からの疲れが癒されることでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する