新年度を気持ちよくスタートするためにすべきこととは|アーユルヴェーダに学ぶ

BIGSTOCK

新年度を気持ちよくスタートするためにすべきこととは|アーユルヴェーダに学ぶ

HIKARU
HIKARU
2019-03-31

ヨガ講師でアーユルヴェーダカウンセラーとしても活動するHIKARU先生に、アーユルヴェーダの知恵を借りて、日々を心地よく過ごすヒントを教えていただきます。今回のテーマは「新年度を気持ちよく始めるためのヒント」について。

清めることから始めよう

春は生命の始まりの季節。自然界では新芽が伸び、花が咲き、動物たちの生命の誕生も多くあるこの時期は、現代社会生活を生き抜く私たちにとっても気持ち新たに再スタートをしたいものです。生命科学であるアーユルヴェーダでは、元気で長生きをするためには、自分自身のケアだけでなく、人との関わり方、社会との関り方にも意識を向ける必要性があると考えています。

ものごとの初めには、まずは清浄からスタートです。神社やお寺でお祈りをするときには、まずは手や口を清めます。そして多くの人を迎える境内や庭は、掃除や手入れが行き届き、清々しい空気が流れていますね。

今日というかけがえのない一日を始めるには、朝シャワー&朝シャンで身を清めます。目覚めを良くし、やる気も出てきます。そして歯を磨き、タングスクレーパーで舌の清掃をしましょう。スクレーパーに、たくさん舌苔(ぜったい)が付いている時は、消化の力が低下している証拠です。口の中を清潔に保つだけでなく、その日の消化力がわかりますので、今日これからどんな食事をしたらいいかのアイディアにもつながります。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する