「舌ケア」で胃腸疲れをリセットしよう!【アーユルヴェーダ美メソッド】

Shoko Matsuhashi

「舌ケア」で胃腸疲れをリセットしよう!【アーユルヴェーダ美メソッド】

健康的に美しくなれる智慧が詰まったアーユルヴェーダ。癒されながら美が叶うメソッドを紹介します。 飲み会や暴飲暴食で、連日胃に負担をかけてはいませんか?そんな時は「舌」をチェックしてみましょう!教えてくれたのは、アーユルヴェーダ・ヒーリングコンサルタントのHIKARU先生。

舌は胃腸のバロメーター。ケアを毎朝の習慣にして

アーユルヴェーダでは、舌を見れば胃腸の調子がわかるといわれる、まさに健康のバロメーター。朝起きてすぐの舌の状態をチェックしてみましょう。「舌苔」と呼ばれる白濁色の苔のようなものが舌にたくさん付着していたら、それは体中に「アーマ」という未消化物がある証拠。「タングスクレーパー」という専用器具を使って、舌苔をしっかり取り除きましょう。食べ過ぎた次の日は驚くほど舌苔が取れることも。そのように胃腸が弱り、消化力が低下しているときは、朝ごはんを食べずに白湯だけで過ごして胃を休める“プチ・ファスティング”がおすすめ。きちんと空腹を感じるまで胃を空っぽにすれば、次のランチもとてもおいしく食べられます。

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Kayo Yabushita
yoga Journal日本版Vol.50掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダングスクレーパ
ダングスクレーパーの使い方
ダングスクレーパーの使い方
ダングスクレーパーの代用
ダングスクレーパーの代用
ショウガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する