便秘気味、むくみ、不眠etc.体調・体質別おすすめヨガポーズ

CHARLIE PAPPAS

便秘気味、むくみ、不眠etc.体調・体質別おすすめヨガポーズ

今の自分に目を向けてみよう。自分の状態がどれにあてはまるのか、それを知ることから始めよう。

ヴァータ

アーユルヴェーダ ヴァータ
(Photo by PIXTA)

不眠症や不安感があったり、落ち着きがなかったりするようならヴァータが強すぎるのかもしれない。腰や股関節の緊張、ガスや便秘、悪寒なども、ヴァータの不安定を意味している。

ピッタ

アーユルヴェーダ ピッタ
(Photo by PIXTA)

ピッタが安定していないと、胃酸過多、ニキビ、目の充血、動揺、短気などとして現れることがある。体の熱、嫉妬心、完璧へのこだわりなどを感じることもある。

カパ

アーユルヴェーダ カパ
(Photo by PIXTA)

カパが強すぎると、便秘、体重の増加、むくみ、意欲の欠如、ぼんやりとした思考、怠惰、所有欲や頑固さを感じることがある。

プラクティスを始める前に

まずはここの各ドーシャに特化したアーユルヴェーダとヨガのプラクティスを行い、体質のバランスを整えることから始めよう。どのドーシャのバランスが崩れているのか分からなければ、3つのアーサナシークエンスをすべて行い、プラクティス後の感覚に注目しよう。そして、もっとも多くのエネルギーが得られると感じたシークエンスを続けていくといい。シークエンスの終わりのリストラティブヨガのポーズは必ず行うようにしよう。秋の終わりから冬のヴァータの季節には、こういったポーズがすべての体質に有効だ。
アーサナのプラクティスには、マット、ブロック2つ、ストラップ、ボルスター、アイピロー、ブランケット2枚が必要だ。カールソンは、まず始めに太陽礼拝を3~6回、自分の好きな方法でゆっくりとリズムよく行うようすすめる。寒く乾燥したヴァータの季節には、太陽礼拝のような体を温めて心を落ち着ける動きが、どんな体質の人にも効果的だ。プラクティスの間は穏やかなウジャイ・プラーナヤーマ勝利の呼吸)を続け、内側への集中を高めるようにしよう。

Story by Tasha Eichenseher
Sequences by Larissa Carlson
Styling by Emily Choi
Hair&make-up by Ramona Kelly
Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アーユルヴェーダ ヴァータ
アーユルヴェーダ ピッタ
アーユルヴェーダ カパ
ワシのポーズ(ガルダーサナ)
木のポーズ 
牛の顔のポーズ
上向きプランク
コンストラクティブ・レスト
手で親指をつかんで伸ばすポーズ
手で親指をつかんで伸ばすポーズ
開脚前屈 
頭を膝につけるポーズ
針穴のポーズ
座位の開脚前屈
サイドプランク
イルカのポーズ(ドルフィンポーズ)
頭を膝につけて体を回転するポーズ
橋のポーズ(セツバンダーサナ)
魚のポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する