6人の人気ヨガティーチャーに聞いた!不眠、むくみ、不調を和らげる「とっておきヨガポーズ」

BIGSTOCK

6人の人気ヨガティーチャーに聞いた!不眠、むくみ、不調を和らげる「とっておきヨガポーズ」

6人の人気ヨガティーチャーに、不眠、むくみ、カゼ、肩こり、腰痛、婦人科系不調...さまざまな不調を感じた時に行う、おすすめのヨガポーズを教えてもらいました。風邪や冷え、凝りなど、何かとバランスを崩しやすい冬も、とっておきのヨガポーズで乗り越えましょう!

1.相楽のりこ先生の場合

不眠には…魚のポーズ

「胸を開いて呼吸をしやすい姿勢をとります。「あー」と実際に声を出して口まわりをほぐしたら、あごを天井に突き出して甲状腺を刺激して。自律神経が整うポーズです。」
(TODAY SAGARA YOGA STUDIO 代表 相楽のりこさん)

魚のポーズ
魚のポーズ

 

2.岡 清華先生の場合

足のむくみには…肩立ちのポーズ

「肩甲骨に体重をのせ、首の付け根から背骨にかけて真っ直ぐに連なっているイメージを。足先は天井から吊り下げられているように、腕だけでなく体幹で支えることで効果を高めます。」
(ヨガトレーナー、管理栄養士 岡 清華さん)

肩立ちのポーズ
肩立ちのポーズ

 

3.キミ先生の場合

風邪には…鋤のポーズ

「甲状腺を刺激して、免疫力を高めるポーズです。足が床につかないようなら、腰を手で支えてもOK。首が辛い場合は、肩の下にブランケットを敷くと負担が軽減されます。」
(スタジオ・ヨギー エグゼクティブ・ディレクター キミさん)

鋤のポーズ
鋤のポーズ

Text by Kuna Yun
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マラーサナ
鋤のポーズ
肩立ちのポーズ
キャット&カウ
牛の顔のポーズ
魚のポーズ
キャット&カウ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する