ポーズの安定感に差が出る?ふくらはぎを柔らかくしよう

BIGSTOCK

ポーズの安定感に差が出る?ふくらはぎを柔らかくしよう

櫻井麻美
櫻井麻美
2018-12-27

グラウンディングに重要なふくらはぎの柔軟性

立位のポーズでしっかりと地面を踏みしめる場合、タダーサナのように足首を90度にした状態であれば、誰でも地面にどっしりと足の裏をつけることができるでしょう。問題なのは、前後開脚系アーサナです。パールシュボッターナーサナ、ヴィラヴァドラアーサナ1、パリブリッタトリコナーサナなど代表的な足を前後に広げるポーズでは、後ろの足をかかとまでしっかりつけることで十分なグラウンディングにつながります。股関節周辺の筋肉の柔軟性も関わりますが、かかとを床に下ろす動きで特に求められるのはふくらはぎの筋肉の柔軟性です。この動きを、ふくらはぎの柔軟性を高めることで、よりやりやすくしていきましょう!

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する