ヨガブロックどう選ぶ?素材・価格による大きな違いとは

Getty Images

ヨガブロックどう選ぶ?素材・価格による大きな違いとは

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-11-22

素材によっての特徴

天然素材にこだわるスタジオでは、竹製・木製・コルク製の3つが選択肢になります。素材による違いだけでなく、それぞれ使い方による違いもあります。竹製や木製は素材が硬いため、「床の代わりになって」ポーズをしっかりと支えてくれる安定感があります。アライメントといわれる体の使い方を重視するヨガの流派(アイアンガーヨガなど)で好まれるブロックです。コルク製は重量があるので、力をかけたいところに意識が向きやすくなったり、トレーニング要素も含めることができるなどのメリットがあります。各スタジオでどのようなヨガブロックを設備としておいているかを見ると、そのスタジオや先生が何を大切にしているかがわかるのも、おもしろいポイントです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する