下半身の血流がUP!「ねじった立って両脚を伸ばすポーズ」が楽になる2つのワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

下半身の血流がUP!「ねじった立って両脚を伸ばすポーズ」が楽になる2つのワーク

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「パリヴルッタプラサリタパードッターナーサナ」(ねじった立って両脚を伸ばすポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターの柳本和也先生に教えてもらいました。

パリヴルッタプラサリタパードッターナーサナとは

ポーズ名の由来:立位で脚を真っすぐ伸ばし、体をねじるポーズの動きに由来する。
パリヴルッタ=ねじった プラサリタ=開く パダ=脚 ウッターナ=伸ばす アーサナ=ポーズ ねじった、立って両脚を伸ばすポーズ

ポーズの効果

立位の開脚前屈で脚裏がストレッチされ、下半身の血液循環を促進。背骨を伸ばしてねじることで内臓全体を刺激し、活性化させる効果も。

体が硬い人の場合…

腿裏のハムストリングが硬いと、背中が丸まり、胸をしっかり開くことができず、浅いねじりに。

NG
Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

NG
pre1
pre2-1
pre2-2
pre2-2
1
2
3
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する