胃腸機能を活性化!「半分の魚の王のポーズ」が楽になる2つのワーク

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

胃腸機能を活性化!「半分の魚の王のポーズ」が楽になる2つのワーク

体の硬さが壁となり、苦手になりやすいポーズ「アルダマッツェーンドラーサナ」(半分の魚の王のポーズ)。硬さを克服する練習法からポーズの真の効果までを徹底的に解説! 人気ヨガインストラクターの柳本和也先生に教えてもらいました。

アルダマッツェーンドラーサナ(半分の魚の王のポーズ)とは

ポーズ名の由来 神話で破壊の神・シヴァからヨガのテクニックと理論を学んだ最初の生徒とされる魚の王(上半身は人間、下半身は魚の尾)の姿を象徴。

アルダ=半分の マッツェーンドラ=魚の王 アーサナ=ポーズ 半分の魚の王のポーズ

ポーズの効果

ねじりの集大成ともいえるポーズ。下腹部からねじることで胃腸を刺激し、活性化。両脚を組み、中心に集めることで骨盤のゆがみ改善もサポート。

体が硬い人の場合…

股関節やお尻まわりが硬いと背中が丸くなり、骨盤が後傾してしまう。

NG
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Text by Yasuko Ito Minako Noguchi
ポーズ名の由来解説 小野洋輔先生
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

NG
pre1-1
pre1-2
pre2-1
pre2-2
1
2
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する